朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜の博物館・平野神社bQ(4月13日):京都・2012・桜情報N。

<<   作成日時 : 2012/04/20 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

再び、平野神社の桜です。もう1週間前の画像になりますので、おそらく現時点ではこれらの桜は散りつつあるでしょうが(笑)。前にも書きましたように、ほぼソメイヨシノ一辺倒の東京とは異なる楽しみが京都にはありますので、桜の種類のご紹介とお考え下さい。まずは“寝覚”です。
画像


“寝覚”は葉と一緒に一重の白い花が木全体に咲いて、とても印象的な桜です。次は“衣笠”です。
画像
一重で少しピンクがかっています。この平野神社の“衣笠”は吉野にも分けられているそうです。同じヤマザクラ系でも、青い葉・赤い葉と分かれますね。続いては“大内山”です。
画像
薄いピンクの八重桜です。名前が高貴ですが、仁和寺と関係があるのかなぁ。次も名前が格調高い“御車遷:みくるまがえし”です。
画像
ある天皇が、思わず車を引き返させて見入ったというのが名前の由来とか。次は“芝山”です。
画像
この時期に咲いている桜は、花がいくつか集まって鞠のようになっているものが多い印象でした。そして“大島”です。
画像
葉っぱを桜餅に使う桜ですね。エドヒガン(江戸彼岸)系の桜との交配種がソメイヨシノであることも良く知られていますね。続いては“八重紅彼岸”です。
画像
ずっと桜Watchを続けていると、同じ種類でも一重より八重の方が遅く咲くように思います。そして最後は“太白:たいはく”です。
画像
この桜は、日本では絶滅したと思われていたのが、イギリスの桜研究家のイングラムという方の庭に残っていた桜の接ぎ穂が送られて、1932(昭和7)年に復活したとか。

この日(13日)はその1週間前に比べて、桜の花が豊富でした。
画像
最後の画像は無心に桜を撮影する37期紫のUsapiroさん(仮名)です。
画像


平野神社では、これから御衣黄(ぎょいこう)・松月(しょうげつ)・手弱女(たおやめ)・突羽根(つくばね)等の桜が咲くと思います。行者橋、現在上京しておりますので、来週初めに京都に帰ったらもう1度、平野神社に行って確認したいと思っておりますが…、このところ暖かいから、微妙かな(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜の博物館・平野神社bQ(4月13日):京都・2012・桜情報N。  朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる