朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月の花というと、紫陽花は無視できないでしょう。

<<   作成日時 : 2012/06/26 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

新京極で映画を観た帰り道、錦天満宮で井戸水を分けていただくために立ち寄ったら、アジサイ(紫陽花)のように見えるんだけど、花のつき方がおかしいし葉っぱも変だなぁと思いながら、花を撮影してきました。
画像


場所は錦天満宮拝殿の左前にある灯籠の周辺です。
画像
こちらは拝殿右前の井戸(手水)の所にあるアジサイです。
画像
ガクアジサイのように思うのですが、中の花の部分が複雑な感じです(笑)。次は京都の街中で見かけたアジサイです。
画像
こちらもガクアジサイGROUPだと思うのですが、チョッと変則です。花をCLOSE−UPで撮ると、こうなります。ミヤマヤエムラサキ(美山八重紫)という品種に近いのかもしれません。
画像
花の色が桜貝色とでもいうのでしょうか、微妙なPINKで綺麗です。次は東京・目白の鈴木三重吉旧宅跡の玄関にあったアジサイです。
画像
クレナイヤマアジサイ(紅山紫陽花)という花に似ているように思いますが、確信はありません(笑)。ガクアジサイっていっても多様なんですねぇ。ブログを書くことが無ければ、こうした花に目を止めることも無かった行者橋ですが…(笑)。
画像
再び、京都で見かけた、いかにもアジサイだよ!という感じのセイヨウアジサイです。
画像
アジサイは生えている所の土の酸性度によって色が赤・青の変化をするとのことなのですが、このアジサイは白い花の品種かもしれません。
画像
小さな鉢に1つだけ、花が咲いている風情が何とも言えません。
画像


あっ、そうそう、最初の花ですが、調べたら“ヤエカシワバアジサイ”のようです。確かに“八重”で”柏の葉”似の葉っぱですねぇ。原産地は北アメリカの東南部らしいのですが、こういう菊の“懸崖作り”のような花のつき方をするアジサイもあるんですね。


京都府立植物園

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一番最初にアップされた画像のあじさいと最後のあじさいは我が家にあります。
確か最後のあじさいはアナベルだと思います。
ご近所には直径30センチ近くの花に育てている方がいます。
私は子育て下手なのでせいぜい20センチ未満です(笑)
柏葉あじさいも今年は花が小さく、花が終わったら植え替えをしようと思います。昨年は30センチ以上の長さの花房だったのですが・・・秋には葉が紅葉するのです
HATA母
2012/06/26 22:01
HATA母様、ご教示有難うございます。確かに
白いのはアナベルです。育てている方に伺ったのですが、その後、京都府立植物園でも確認しました。
ヤエカシワバアジサイも大きな物はかなりの懸崖になるようですね。秋の紅葉も気をつけておきます。アジサイは品種が多く、驚きます。青・赤は土壌の酸性度が関係すると書きましたが、白いのは鉄分も関係するとのことです。
行者橋 渡
2012/06/27 10:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月の花というと、紫陽花は無視できないでしょう。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる