朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 迎称寺:萩を求めてチャリチャリと。(後篇)

<<   作成日時 : 2013/10/05 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

タイトルは“萩”なのですが、最初に、どなたか教えて下さい!…この花は何という花でしょうか。
画像


実は迎称寺(こうしょうじ、です。なかなか読めません)というお寺に萩の花を観に行った時、近くのマンションに咲いていたのです。次の画像の左がマンションで、奥が迎称寺です。
画像
別の花はこんな感じの薄紅色です。朝顔同様、蕾も蔓も巻いているのですが、葉っぱはどう考えても朝顔のようには見えません。
画像
こんなピンクの花もありました。○○草とか××花という和風の名前じゃ無いような気がするのですが…。
画像
それでなくとも花の名前には不案内の行者橋ですが、何の花と近いのかすら見当がつきません。どなたかご存知の方は、どうぞ教えて下さい。

さて、本題です。京都にはお寺が多いので、土塀はあちこちにありますが、真如堂のそばにあるこの迎称寺の塀はまるで奈良の破れ寺のような雰囲気です。次の画像は特に寂れた趣のある辺りです。
画像
これが正面から見た画像ですが、こちらはチャンと瓦屋根のある築地塀で、手を入れた痕が見受けられます。
画像
門の前には「洛東九番 萩の霊場迎称寺」という石柱が建てられており、京都では塀と萩の組合せで良く知られているのですが、時宗のお寺という以外、詳細情報は不明です。
画像
次の2枚の画像が『家庭画報』にでも掲載されていて、“奈良の白毫寺:びゃくごうじ”とでもキャプションがついていると、思わず納得!の気分です(笑)。
画像
画像
白い萩の花がとても綺麗でした。
画像
帰り道に気付いたのですが、真如堂の山門前にも赤い萩の花が咲いていました。
画像
最後に、しつこく。最初の花の名が気になって寝られません(笑)。ご教示お待ちしています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
デプラデニア(マンデビラ)
どうでしょう?
http://yasashi.info/te_00012.htm

清水寺、行きたくなりました。
通りすがりのおっさんです
2013/10/05 08:29
暇人ですから・・・マンでビラというお花では?
キョウチクトウ科のアフリカ原産のつる性植物
・・・と思ったのです。(ネットサーフィンで)
HATA母
2013/10/05 09:02
中南米原産でした。
HATA母
2013/10/05 09:06
通りすがりのおっさん様&HATA母様、ご教示有難うございます。間違いなく、デプラデニア(マンデビラ)ですね。和風美人では無いと思ってはいましたが、ボニータ系(笑)でしたね。心から感謝申し上げます。清水寺、チョッと異様な感じもするのですが(笑)…。本堂に入れないのがとても残念です。
行者橋 渡
2013/10/05 13:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
迎称寺:萩を求めてチャリチャリと。(後篇) 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる