朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅花祭の北野天満宮に行ったのですが、梅苑の梅はまだまだでした。

<<   作成日時 : 2014/02/28 11:30   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

38期緑のShacho(仮名)と梅花祭の3月25日、北野天満宮・梅苑の梅を観に行ってきました。まずは梅苑に咲いていた白梅の画像から。
画像


行者橋、梅をあれこれと観ながら思ったのですが、紅梅・白梅は特にどちらということも無いのですが、一重と八重だったら一重が好みだと気付きました(笑)。続いては、梅苑越しに楼門を眺めた画像です。
画像
梅苑の入園料は600円なのですが、茶店で香煎茶とお菓子をいただくことができます。
画像
次の画像は、茶店のアルバイトさんがお茶碗を落とした音に驚くShachoです。チョッと“小林聡美”が入っています(笑)。
画像
梅苑の梅は“100本に数本”が咲いているのみという感じでした。次はお土居(どい)の近くにあった紅梅で蜂が蜜を集めている様子です。
画像
次はお土居を歩くShachoと紅梅。お土居もカエデ(楓)が多いので、秋は美しいのですが、春は微妙ですね。
画像
一回りして、本殿にお参りをして東門へ向かったら、こちらの梅の方が多く咲いていました。
画像
バランス上、紅梅をもう1枚(笑)。一重の紅梅を探したのですが、無かったので同じような画像になってしまいますが…。
画像
今回、折角、梅花祭に行ったのに与太話で盛り上がっているうちに、上七軒の舞妓さん・芸妓さんのお姿を見に行くことをすっかり忘れて帰ってしまいました(笑)。その話題というのは、ご存知の方も多いでしょうが、高田郁の『みおつくし料理帖』に登場する、味醂の粕“こぼれ梅”だったのです。
画像
Shachoが突然「こぼれ梅とか、あるかなぁ」というので、「23日の醍醐寺でも出ていたし、ここには良く出ているので、あるんじゃないの」等といっていたら、やはりあった!となった訳です。ということで、バス停に向かっていたら、珍しい光景が…。
画像
「宮沢賢治と法華経展」とありましたので、北野天満宮のすぐ南にある「京都佛立ミュージアム」(本門佛立宗・宥清寺:ゆうせいじ)のお坊さんでしょうね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅花祭の北野天満宮に行ったのですが、梅苑の梅はまだまだでした。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる