朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年京都桜情報第13弾!…黄桜特集!@京都御苑・平野神社・白峯神社:4月10日−15日。

<<   作成日時 : 2014/04/16 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

京都桜情報もあと数回になると思いますが、今回は“黄桜”と知られるウコン(鬱金))とギョイコウ(御衣黄)のみを取りあげてみます。最初の画像は、昨日も取りあげた白峯神宮のウコン(@ウコン:白峯・14日)です。
画像


ウコンは、枝垂桜や染井吉野の後に咲きますが、黄緑色から次第に黄色になっていきます。これは10日の時点での平野神社のウコンはまだ綺麗に咲いていたのが少なく、次の画像はその中でも早く咲いていたもの(Aウコン:平野・10日)。
画像
平野神社のウコンは、東側の鳥居を入ったすぐ右手にありますが、こんな感じです。これを撮った時はかなり咲いていたのですが、隣りで観ていた人は桜とは思わなかったようだったので、行者橋、お節介にも説明してしまいました(Bウコン:平野・14日)。
画像
次は上の画像のウコンを大写ししたものです(Cウコン:平野・14日)。既にご覧の通り、花弁が大きく、しかも20枚近くある八重咲きです。
画像
そして、次は最初の画像と同じ場所&日のウコン。ウコン(鬱金)の名は、植物のウコン(ターメリック:カレーやドリンク剤に使いますね)で染めた色である鬱金色=黄色から来ていますが、この画像のウコンは“黄桜”の名にふさわしい色合いです(Dウコン:白峯・14日)。
画像
こうやって比較してみると、白峯神宮の方が花弁の枚数が少ないようです。

さて、続いてはギョイコウです。こちらもウコン同様、花弁に葉緑体を持つので黄緑色になるのですが、ウコンよりもさらに遅く咲く感じですね。こちらは京都御苑の画像がメインです(Eギョイコウ:御苑・13日)。
画像
このギョイコウがいつ咲くか、気にしつつ10日頃からチェックしていたのですが、上の13日の時点でも、まだ蕾が固く…。こちらは平野神社のギョイコウです(Fギョイコウ:平野・14日)。
画像
緑の中に赤みが見えますが、盛りを過ぎると中の赤い部分とともに濃くなります。次は同じ日ですが、またまた京都御苑。ウコンに比べてギョイコウの方が花弁が厚いですね(Gギョイコウ:御苑・14日)。
画像
こちらが、京都御苑のギョイコウの全体像。左に遅咲きの八重桜がチラッと見えています(Hギョイコウ:御苑・15日)。
画像
出水の小川の所にあるのですが、上の画像の右にはすっかり花を落とした“出水の枝垂桜”(木の柵の場所)も。ギョイコウは“黄桜”というより“緑桜”の印象です。ということで、最後は同じ日のギョイコウの大写しを(Iギョイコウ:御苑・15日)。
画像
行者橋がこのギョイコウをこまめにチェックに通っていたら、同好の士が何人かいらっしゃって、「まだですねぇ」「今日から暖かくなるので、2日後くらいには…」等といった会話を交わしておりました(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年京都桜情報第13弾!…黄桜特集!@京都御苑・平野神社・白峯神社:4月10日−15日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる