朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 前々から、不思議に思っていました…秋の朝顔の話です。

<<   作成日時 : 2014/10/15 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

行者橋、役に立たない“雑学”の類が大好きで(笑)、「朝顔の季語は夏では無く、秋(旧暦7・8・9月)」とか「アサガオはヒルガオ科で、サツマイモ等の仲間」等は知っていたのですが、琉球アサガオ(ノアサガオ)という多年性&宿根性の朝顔があるとは知りませんでした。
画像


最初の画像は、京都市の「職場探見チーム」という企画で京阪線藤森(ふじのもり)駅から東に徒歩10分の所にある「(産業観光局 農林振興室) 東部農業振興センターを訪問した時にあった琉球アサガオです。現物は画像以上に紫が強いと思いますが、この花は青紫から次第に赤紫に変化するそうです。
画像
“夏休み=朝顔の観察日記”というイメージが抜けない行者橋ですので、前々から、秋になっても咲いている朝顔があるなぁと不思議には思っていました。琉球アサガオの開花時期は8月から11月上旬あたりまでと長いようですね。まさに、旧暦の秋。続いて、こんな色合いの朝顔も。
画像
浴衣でこういう絵柄があると涼やかですよね。次は白かと思ったのですが、前の画像の琉球アサガオと同じもののような気がします。
画像
少し前に、梶よう子の『一朝の夢』という小説を読んで、江戸時代に朝顔の品種改良が“異常”に進み、「黄色い朝顔」を生み出すために多くの人々が努力したことを知ったのですが、なかなか奥の深い世界のようです。次は画像では最初の朝顔と同じように見えますが、実物ははるかに青味が勝っている朝顔。
画像
いや、少しは全体が小ぶりなのですが、真相は不明です(笑)。素人には判別できません。横顔をUPしておきますので、SILVA様、色々とご教示下さい(笑)。
画像
黄色い朝顔のことでNETをチェックしていたら、10月10日に基礎生物学研究所・鹿児島大学・サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社が共同で、黄色い朝顔を咲かせることに成功!というNEWSにたまたま出くわしました。次は、9月に広島に行った時の画像。
画像
比治山にある「放射線影響研究所(旧・ABCC)」の前にあった朝顔です。色合いから見て、最初の画像と同じ種類だと思います。でも、改めて見ると、本当にサツマイモの葉っぱと同じですね。

最後の2枚は、「東部農業振興センター」にあった酒造好適米“祝”の画像です。
画像
かなり背が高く、風の影響を受けやすいことが一目瞭然。1933(昭和8)年に生まれた品種ですが、1973(昭和48)年を最後に栽培が途絶えたのを1992(平成4)年に復活させた“京都の酒米”です。栽培しにくく収量が少ないとあれば、農家は敬遠しますよね。
画像
今は、京都府が後押しをして栽培面積を広げ、府内の酒造業者がこぞって“祝”を使ったお酒を醸造し、ブランド化を進めています。いや、ささやかなものではありますが、栽培している現物を見ることができて、行者橋的には大満足(笑)。

さて、最後に余談。朝顔はヒルガオ科。現在、“昼顔”と聞けば若い人のみならず上戸彩(TVドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』を思い浮かべることでしょうが、行者橋は、断然、カトリーヌ・ドヌーヴ(映画『昼顔』)です(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
琉球朝顔というのですか?実はわたくしが通っている体験農園で今年お仲間の方が種を分けてくださったとかで、アップされた画像の3枚目と4枚目の花が咲いています。サツマイモの花はピンク色です。
真夏にはホントに数が少なく、涼しくなってから花数を増やしていまして2度の台風にもめげず。今日も咲いていました。西洋種の朝顔かしらなんて話題になっていましたが、琉球朝顔と知ったかぶりで教えてあげることにします。また知恵を授かりました、ありがとうございます。
私もカトリーヌ・ドヌーヴ派です。
HATA母
2014/10/15 16:14
スミマセン。
今宵も散文気分なものでして、くどいようですがお邪魔しております。

でも、Bill Evans の 『Waltz For Debby』 などを大音量で聴きながら(窓ガラスを締め切って)書いております。 どうかそのような解釈を・・・ 希望します。

先生に自らの望みを言うのも、高校生以来なのでしょうか。 よそじでは、やはり少々 照れますね。

まず。(話題を戻します)
リュウキュウアサガオ   …ですか。
ですか? などと訊かれましても困りますよね。 すいません。

アレ、なかなかに ふてぶてしい種族なようでして、12月くらいまで咲いてます。(※当社比)

葉っぱに、いわゆる南洋系を醸すかのような、独特な力強さを感じまする。 収獲して食べたことまではありませぬが。

もっとスマートニ例えれば、すなわち ふてぶてしい。

まわりくどいのも、むしろ面倒な尻拭いを必要とします。 いやはや・・・

それと。
青系統のアサガオの色合いを 『ゆかた』の例え、素敵です。 受けました。 その例えは戴けませんなぁ。 いやはや・・・

以上です。 スタジオにお返し致します・・・
散文気分
2014/10/16 01:35
散文気分様&HATA母様、コメント有難うございます。散文気分様、大丈夫ですかぁ(笑)。リュウキュウアサガオは鳴かんかに生活力旺盛な花のようです。
行者橋 渡
2014/10/26 18:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
前々から、不思議に思っていました…秋の朝顔の話です。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる