朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 白もあります、紫も!:鳥羽の藤&杜若。

<<   作成日時 : 2015/04/26 10:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

“鳥羽の藤”=「鳥羽水環境保全センター(京都市上下水道局)」の一般公開の続きです。“120mの藤棚”の途中に、1カ所だけ、白い藤(以下、品種名のシラフジとは区別して便宜上、白藤とします)の咲く棚があります。25日の時点では、まだほとんど咲いていなかったのですが、最初はその白藤の画像です。
画像


この一般公開期間中は、京都駅南口&竹田駅西口と鳥羽水環境保全センターを往復する直通バス並びに駐車場と案内所を結ぶ構内バスが運行されているのですが、後者の案内所側のバス乗り場に白藤の藤棚がありました。
画像
上の画像のように、こちらの白藤は満開。花の大写しの画像はこんな感じです。
画像
また、別の場所にはせせらぎを造った場所があるのですが、そちらにも白藤が咲いていました。
画像
白藤には、山藤(ヤマフジ)の白い花(シラフジ)と普通の藤(フジ=ノダフジ)の白い花があるようですが、ここの藤棚には明らかに異なる形の2種類の花が咲いていました。
画像
こちらは、上の画像・右側の白藤はこのように丸みがあり、かなり特徴のある花の形だと直ぐに分かります。この丸い花はヤマフジ(山藤)で、別名・花美丹(カピタン)というようです。
画像
続いては、左側の蝶ちょ形の房になった白藤。少し、紫味がまじります。こちらはノダフジのシロバナフジですね。フジ=ノダフジとヤマフジは蔓の巻き方が違います(フジ=右巻き・ヤマフジ=左巻き)。
画像
両者がどうだったかは未確認です。ということで、構内の藤を堪能して来た時とは違う道で帰途につきました。すると、鳥羽水環境保全センターに沿って塀の外てせせらぎが造られており、そこにもいくつか藤棚が。
画像
房が垂れ下がり、ここはここで綺麗な藤棚でした。
画像
また、水際には杜若(カキツバタ)も咲いていました。こちらは園1つの群れ。
画像
アヤメ・ショウブ・ハナショウブ・カキツバタはなかなか区別が難しいのですが、次の画像の花の模様と水に近いということで、杜若と判じました。
画像
今年は、少し藤の花を追っかけてみようかと思っているのですが、もう少しすると“蹴上のつつじ”もありますので、そちらも見逃せません。忙しいGWになりそうです(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルが今年の体育祭を連想させますね。(笑)
HATA
2015/04/29 07:47
HATA様、お気づきになりましたか(笑)。本分にも書きましたが、フジ・アヤメ&カキツバタ&ハナショウブ・キリの花にSPOTを当ててみようかと思っております。それはともかく、まぁ、今年の体育祭はお天気に恵まれると良いですねぇ。
行者橋 渡
2015/04/30 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
白もあります、紫も!:鳥羽の藤&杜若。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる