朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 無料公開の平安神宮神苑の花々を見逃す訳には、そりゃいかないでしょ!

<<   作成日時 : 2015/06/06 09:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

恒例、初夏の平安神宮神苑の無料公開日ですが、今年は6月5日でした。秋の無料公開日は9月19日に決まっているのですが、初夏の方は花菖蒲等が見頃の時期になるので一定していません。それはともかく、5日は午後が雨の天気予報だったので、朝、チャリチャリ。まずは花菖蒲と睡蓮の画像から。
画像


平安神宮神苑は通常600円の入苑料が必要です。行者橋は、8時30分の開苑直前に行ったのですが、すでにお客様が苑内にいらっしゃいました。こちらがその様子。
画像
続いては、小さな池の睡蓮と藻の花。花の咲く藻はバイカモ(梅花藻)を始め、いくつかの種類があるようなのですが、この藻の種類は不明です。
画像
こちらが、その藻の花なのですが、水面に光が反射して分かりにくい画像になってしまいました。この画像でお分かりの方はご教示下さい(笑)。
画像
次はハンゲショウ(半夏生)。毎年、建仁寺塔頭・両足院で特別公開されることで知られています。ドクダミ(蕺草)の仲間だそうで、これまた分かりにくい画像なのですが、葉っぱの半分が白く変化します。
画像
夏至から11日目の“半夏生”の頃に咲くので命名されたとの説がありますが、葉っぱの様子から半化粧あるいは方白草(カタシログサ)とも呼ばれます。行者橋の好きな花の1つです。で、花菖蒲を3枚続けて。
画像
画像
画像
真っ白な花菖蒲もありました。こちらは河骨(コウホネ)。行者橋、花も好きですが、葉っぱも見ていて飽きません。
画像
続いては、睡蓮を3枚続けて。いずれもじっくり眺めていたいのですが、カメラを構えて待ち構えている人が多いので、サッサと撮って移動です(笑)。
画像
画像
画像
次は、チガヤ(茅)かなあと思うのですが、確信はありません。ススキ(薄)でも、ガマ(蒲)でも無いことは分かるのですが、スゲ(菅)との区別がつかないのです(笑)。
画像
一応、チガヤということにして(笑)、それを配して泰平閣を撮影した画像を最後に。
画像
京都の無料で楽しめる様々な行事・EVENTを追いかけている行者橋には、とても有難い平安神宮の無料公開です。その後、予報通り、お昼頃から雨が降って来ました。早朝に出かけて正解でしたね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無料公開の平安神宮神苑の花々を見逃す訳には、そりゃいかないでしょ! 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる