朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉾曳き初め:函谷鉾・鶏鉾・月鉾篇。

<<   作成日時 : 2015/07/13 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

12日は5つの鉾が曳き初めを行います。今回は函谷鉾(かんこぼこ:14時出発予定)、鶏鉾(14時30分)・月鉾(15時)の様子を。最初の画像は、室町通の鶏鉾の光景です。次の画像左は池坊短期大学、撮影場所は京都市四条烏丸駐車場の2階です。奥(右端)に菊水鉾がチラッと見えます。
画像


室町通は狭い通りなのですが、鶏鉾の町会所の近辺(綾小路通−四条通間)は道路が広くなっており、本当に多くの方が参加していらっしゃいました。ということで、ここからは時間順に。まずは、四条通を東西に曳く函谷鉾。
画像
函谷鉾は烏丸通より西の四条通にあり、車道が片道2車線のままですので、曳き初めの横をバスやタクシーが走行中。観光客を含めた一般の方々は、音頭取りの“エンヤラヤー”の掛け声とともに曳きますが、予想以上に軽く動くので、大体驚きますね。
画像
函谷鉾の鉾頭(鉾の天辺の飾り)は3角形の上に三日月なのですが、函谷関(かんこくかん)から見た暁の山の稜線を表しているとか。
画像
烏丸通で引き返すのですが、綱を逆側に移動させたりするが、その間、囃子方や大屋根の上の面々はチョッと待機です。
画像
先にも書いたように曳き初めには一般人が参加できますが、狙い目は“往路”では無く“復路”です。最初、鉾の後ろにくっついて歩き、“復路”になるときに素早く綱の延びるあたりに並ぶと、ほぼOK(笑)。次は行者橋も曳いた”復路”の画像。
画像
黒い法被姿の車方のみなさんが凛々しくって、カッコ良い!…続いては鶏鉾。手前の浴衣姿は、恒例!池坊短期大学の学生さん。画像左が京都市四条烏丸駐車場です。
画像
駐車場の2階からだとこんな画像も撮影できます(笑)。
画像
鶏鉾の鉾頭は不思議な形で、竹の3角形(2つ)の中に胴の円板が挟まれています。3角の先は紺色の苧束(おたば)が房になっています。「太陽と黒雲」説や「円板は諫鼓(かんこ)の中の鶏卵」説等があるそうです。
画像
四条通まで進むとSTOPして、引き返します。室町通の奥には菊水鉾が。
画像
次の画像は、引き返す準備中の様子。こちら向きの黒いTシャツのジャン・レノ似の方は、大船鉾の復元設計にあたった「京町家再生研究会」の末川協さんですね(こちらをご参照下さい)
画像
。次は月鉾。同じ15時スタートの菊水鉾とどちらが先になるかなぁと両方が見える場所にいたのですが、先に月鉾が動きそうだったので少しだけ移動。
画像
例年、幼稚園生が参加したりしているのですが、今年は日曜日ということからかいないようで、曳き手がとても少なかったですね。で、いよいよスタート。
画像
月鉾の鉾頭は、文字通り、三日月。今は使っていないようですが、最も古い三日月は1573(元亀4)年のものとか。織田信長の時代ですね。
画像
地上から見るとこんな光景になるのですが、鉦を鳴らすと、ぶら下がった飾り紐が上下して、とても綺麗です。胴懸け(どうがけ)は18世紀前半にムガール帝国で作られたラホール絨毯とか。
画像
月鉾が室町通まで行って引き返している途中、室町通から菊水鉾が四条通に出てきました。さらに奥には函谷鉾も見えます。
画像
というこでお、鉾曳き初め前半戦は終了。後半戦は菊水鉾と長いなた鉾です。

蛇足:諫鼓(かんこ)は、中国の伝説上の天子:堯・舜・禹が、その施政に諌言しようとする人民に打たせるために設けた太鼓です。しかし、善政を行ったので太鼓は鳴らされず永年の間に苔むし、鶏の遊び場となったそうです。諌鼓に鶏が止まっているのは善政で世の中がうまく治まってことを表し、「天下泰平の象徴」とされます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日は色々とご案内いただきましてありがとうございました。
あの木材と縄だけのやぐらが1日でこんなに雅な姿になるのですね。
もう一日居たかった!
また、裏京都を楽しみに伺います!
さだ
2015/07/13 18:24
さだ様、その節はご馳走になりまして有難うございました。また、コメント有難うございます。今日の京都は、ご覧いただいた大きな鉾だけで無く、小さな山等も次々と建てられてきたので、一気に気分が盛り上がってきました。また、おいでになった際には、DEEPな京都をご紹介します。
行者橋 渡
2015/07/13 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉾曳き初め:函谷鉾・鶏鉾・月鉾篇。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる