朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年1月25日は初天神:紅梅&白梅がとても綺麗でした!

<<   作成日時 : 2016/01/26 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

初弘法には行ったのに、初天神には行かないというのは義理が立たないでしょう!…ということで、チャリチャリ。両方に出店している業者さんもあり、光景としては曲が無い印象になるので、天神様の梅にSPOTを当てて。まずは、こちらの白梅から。
画像


今年は梅の開花が早い感じで、北野天満宮の梅については、すでに1度チラッと触れて画像もUPしているのですが、こちらが最初の画像の白梅の全体像。ほとんどの枝の梅の花が咲いています。
画像
次の画像は本殿側(北側)から楼門の裏を眺めたもの。手前の梅はま咲いていませんが、奥の方の紅梅・白梅はしっかり咲いています。
画像
続いては、上七軒側の東門を入った時、まず最初に目に入る紅梅。奥の朱色の社殿は摂社の地主社(じぬししゃ)です。
画像
こちらが大写し。花弁に対して蕊(しべ)が長い!
画像
地主社は、ここに天満宮が創られる以前からある“天神地祇”を祀る境内最古のお社です。2つ上の画像の左手の燈籠の擬宝珠(ぎぼし)の下には、今まで気づかなかったのですが、チャンと星梅鉢紋が刻まれていました。
画像
地主社の方に回り込むと隣に社殿があり、“雲龍梅”の立て札のある梅がありました。14年前の「菅原道真公千百年大祭 始祭」を記念して植えられた梅だそうです。
画像
この梅が何かの理由で“雲龍梅”を名付けられたのかと思ったら、「白色花の八重咲き中輪で、クネクネ曲がった枝が特徴」の梅の種類のようです。
画像
確かに八重の梅ですね。枝のクネクネ具合を“雲を突き抜けて天高く昇っていく龍”に見立てたとのこと。本殿裏をグルッと回って、拝殿西の回廊そばに行くと、黄色い花が…。
画像
「あらぁ、黄色い梅もあるんだ!」と一瞬思ったのですが、これは蠟梅(ろうばい)で、正確に言うと梅の仲間ではありませんね。中心部の花弁が暗い紫色が特徴的です。
画像
続いては、少し気に入った画像を2枚。まずは末社の竈社(かまどしゃ)の前の紅梅。チョッと構図をひねってみました(笑)。
画像
こちらは牛社の前の絵馬掛所に所にあった白梅。こちらは苔むした幹との対比を意識して…(笑)。
画像
ということで、天神市もしっかり楽しんでチャリチャリと帰途についたのですが、京都御池中学校のそばに、花が…。「梅じゃないよなぁ」と思い、撮影。
画像
こちらが大写し。“御池桜”の札が掛かっていました。
画像
いわゆる不断桜で、12月から4月まで咲いているとのこと。冬に咲く桜のある場所はいくつか知っていましたが、ここにあるとは…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
天満宮の梅もほころんで居ますね! この中に先日亡くなった勝喜代さんが奉納した梅が有りますね。
毎年良く咲き誇っていると聞きます。
今年はさぞ綺麗に咲くと思います。
上七軒の方で写真を良くブログに上げている方に、その梅の木を撮って欲しいとお願いしました。
場所は勝奈ちゃんから聞いているとの事て・・。
昔! 親父が亡くなった時に、鉢植えの山桜と椿が季節外れなのに一輪だけ咲いて枯れました。
そんな事が無いと良いです。
miyasan
2016/01/27 13:39
miyasan様、場所を教えていただければ、行者梅も撮影に行き、画像を直接お送りいたしますよ。今年は、今までの梅苑への入り口が工事中なので、遠回りする形になっていますが、すでに開苑しています。が、梅苑の梅が本格的に咲き揃うのはもう少し先になる気配です。
行者橋 渡
2016/01/27 13:45
有難う御座います。
勝喜代さん奉納の梅の木は写真でしか見た事が有りません。名札が有るのは知っていますが、今度聞いておきます。暖かくなれば梅花祭までに咲いてしまいそうですね。
miyasan
2016/01/28 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年1月25日は初天神:紅梅&白梅がとても綺麗でした! 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる