朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS “幽霊茸”という不思議な名前の花に出会いました!@「蹴上のつつじ」。

<<   作成日時 : 2016/05/05 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

“羹に懲りて膾を吹く:あつものにこりてなますをふく”ということでは無いにしても、「鳥羽の藤」に行ったのが最終日だったので、「蹴上のつつじ」には初日に行ってきました(笑)。で、ツツジ(躑躅)も観てきたのですが、タイトル通り“幽霊茸:ゆうれいたけ”という花が…。これがその画像です。
画像


“茸”と言いながら、“花”と書いていることに疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、実はこれは“ギンリョウソウ:銀竜草”という多年草なのだそうです。この花のことについては、後で説明します。で、躑躅の話です。
画像
「蹴上のつつじ」の咲き具合については、数日前に蹴上浄水場の近くを通りかかった時、中途半端な状況だったので、まぁ今年は期待できないなぁと思っておりました。ですが、綺麗に咲いている躑躅の画像をいくつか。まずは、薄いピンク。
画像
こちらは少し濃いピンク。
画像
続いては、白。
画像
こちらは、レンゲツツジ(蓮華躑躅)。花と葉が輪っか状に並ぶので蓮華の名があるとか。花の色は基本的に朱色だそうですが、ここの花は黄色なのでキレンゲツツジだそうです。
画像
で、キレンゲツツジの傍に生えていた“幽霊茸”の話に戻ります。説明板には「正式名:銀竜草(ギンリョウソウ)
 シャクジョウソウ科の多年草。腐生植物。※キノコではありません」とありました。
画像
最初の画像の花の中に見える紫色の部分が雌蕊、周りの黄色いのが雄蕊とのこと。“腐生(ふせい)植物”という言葉は初めて知りましたが、ギンリョウソウはベニタケ属菌類に寄生し、その菌が着く樹木が作る栄養を菌を通じて得ているのだとか。で、最後は再び、躑躅。
画像
上の画像中央の大きな赤い部分が、蹴上浄水場の名所の“つつじのトンネル”です。次の画像が、入り口部分。
画像
そして、最後の画像は内部から見た躑躅。この画像をTOPにしようかと思ったのですが…。
画像
ということで、「蹴上のつつじ」を楽しんで参りました。画像に写り込んでいるクレーンについては、そのうちにUPする予定です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“幽霊茸”という不思議な名前の花に出会いました!@「蹴上のつつじ」。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる