朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS イシガメラvsクサガメラvsベツガメラの決闘!@平安神宮神苑:2016年9月19日。

<<   作成日時 : 2016/09/19 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

9月19日は、京都EVENT“タダ見”Watcherとしては見逃せない平安神宮神苑の無料公開日。天気予報では朝の9時頃から12時頃までは雨が止みそうだったので、朝早くチャリチャリ。これまでにも何回も花等をUPしてきましたので、鳥でもいたら…という気分でしたが。まずは、分かり難い画像ですが、こちらを。
画像


画面の左右にスッポン(鼈)=ベツガメラ、中央に茶色いイシガメ、下に黒いクサガメが≠餌を取り合って互いに睨みを利かせている場面です。ですが、水の中の画像は地味なので、説明は後にして花の画像を。まずはオミナエシ(女郎花)。
画像
続いては、季節の花の赤いハギ(萩)。
画像
そして、こちらは白いハギ。前夜からの雨を被っているので、花が下を向いっちゃって、撮影しづらい(笑)。
画像
で、3ガメラズですが、こちらがスッポン。漢字で鼈ですが、音読みでベツ。鼻先が長く細いので、直ぐに分かります。
画像
甲羅が丸く、余り硬そうではない点も大きな特徴です。続いては、イシガメ(石亀)。小さい時代には、ゼニガメ(銭亀)と呼ばれる亀ですね。
画像
ミシシッピアカミミガメかなと思ったのですが、イシガメに間違いないと思います。そして、こちらがクサガメ(草亀・臭亀)。背中に3本の隆起列が見えます。
画像
この隆起列はキールと言うそうですが、ヨットの船体下部の竜骨も同じ呼び名ですね。こちらも小さいのはゼニガメと呼ぶようです。ここで、再び、花に移ります。こちらはフジバカマ(藤袴)。
画像
少し前に、「平安女学院大学 有栖館」をUPした時にも触れましたが、どうも2008(平成20)年の“源氏物語千年紀”以来、京都ではあちこちでフジバカマを増やしているようです。続いてはシオン(紫苑)。
画像
見た通り、キク科の花ですが、「君の事を忘れない」・「遠方にある人を思う」という花言葉が素敵です。今度、誰かに贈ってみようかなぁ(笑)。こちらはマンジュシャゲ(曼殊沙華)。
画像
馴染みの深い秋の草ですが、よくよく見れば、枝も葉も節も無い茎が地面から伸びて、その先に花が咲く不思議な花です。神苑のあちこちには、茸が生えていました。その内の1つを。
画像
平安神宮神苑は、良く知られているように7代目小川治兵衛(植治)の手になる庭園ですが、西神苑から中神苑に至る清流沿いの道は、丸太町通傍にあるとは思えない感じです。
画像
上の画像は、その道から西神苑白虎池を眺めたものですが、山奥のようにも感じられる風情があります。最後は、東神苑栖鳳池に架かる泰平閣を望んだ画像。
画像
手前の花はハギのようなのですが、花も小さく豆の莢(さや)のようなものが沢山ついていますので、あるいはマルバハギ(丸葉萩)なのかもしれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど。して、決闘の結末は?
シルバ(37期)
2016/09/20 08:25
2匹いたベツガメラが優勢かと思われましたが、協力体制が整わず、結局、引き分けて4ガメラsは各方向に隠れてしまいましたので、地球の平和が保たれました(笑)。めでたし、めでたし。良かった。
180.30.216.88
行者橋 渡
2016/09/20 09:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
イシガメラvsクサガメラvsベツガメラの決闘!@平安神宮神苑:2016年9月19日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる