朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年京都紅葉・黄葉情報D@京都御苑:11月15日。

<<   作成日時 : 2016/11/18 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

無料で楽しめる紅葉・黄葉の名所で忘れてはいけないのが、京都御苑です。ここには巨大な独立樹のイチョウ(銀杏)があちらこちらにあります。まずは、烏丸通に面した乾御門から入り、京都御所の東北角(だから、いぬいごもんなのですが)のそばにあるイチョウの画像から。
画像


今回は、そこから京都御所西側の砂利道を南に下がって行った時に目に留まったカエデ(楓)等をUPしてみます。最初の画像のイチョウ(次の画像右端)のすぐ南にはこちらの黄葉したケヤキ(欅)と紅葉したカエデ(楓)が。
画像
さらにチャリチャリと進んだら、綺麗に紅葉したカエデが。後ろの建物は宮内庁京都事務所です。
画像
続いてはこちら。これまた様々な色合いの紅葉が続き、実に綺麗です。中国系のカップルが撮影していらっしゃいました。いや、余談ですが、中国系の人ってどうして写真を撮る時に大仰なポーズをとるんでしょうか(笑)。
画像
次は、上の画像中央左の木のそばのカエデを大写し。イロハモミジではなさそうですが…詳細不明。
画像
こちらは妙にぼってりした感じのするカエデ。重たそうです(笑)。
画像
イチョウと並んでケヤキも高木が多く、特に烏丸通側には巨木と言って良いほどの木が並んでいます。次の画像のケヤキはまだ小さい方です。
画像
そして、こちらは京都御所の西南角にある“清水谷家の椋(むく)”です。樹齢約300年とか。ムクノキは珍しいですね。
画像
そう言えば、鳥のムクドリはムクノキの実を好むからだという説がありますね(異説あり)。次は道筋を変えて、出水口に通じる砂利道から仙洞御所正門を眺めた画像。
画像
道の両側に張り合うように真っ赤なカエデが2本。次は上の画像右のカエデです。
画像
近づいて、紅あり、赤あり、黄あり、緑ありの部分をパチリ。行者橋の好きなパターンです。
画像
仙洞御所の塀を左に見ながら南へチャリチャリ。堺町御門と富小路口の間にもこんなきれいなカエデがありました。
画像
次は大写し。こちらは紅色が鮮やか!これはこれで美しい!
画像
丸太町通に面した富小路口のそばに黄葉した木が。
画像
一瞬、ヤマブキ(山吹)かと思ったのですが、よく考えてみればヤマブキは花が黄色であって、葉っぱは緑。近づいたら正体が分かりました!…ハギ(萩)でした。
画像
11月中に、もう1度京都御苑を訪れてイチョウの画像を撮りたいと思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年京都紅葉・黄葉情報D@京都御苑:11月15日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる