朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年東京の紅葉・黄葉情報@西多磨霊園&東京ミッドタウン:11月19日。

<<   作成日時 : 2016/11/21 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

東京に帰って、19日は恒例の墓参り。朝方は雨が残っていたので、お昼前に家を出て福生の西多摩霊園に。この霊園はあちこちの区切りにドウダンツツジ(灯台躑躅)の生け垣が使われているのですが、ある場所のドウダンツツジの上にキリギリス(だと思います)が。
画像


ドウダンツツジの生け垣はこんな感じです。
画像
この霊園にはカエデ類はあまり多くなく、ブナ(橅)やナラ(楢)といったドングリ(団栗)のなる木が多いのですが、こんな感じで黄葉します。ただし、正確な樹木の種類は不明です。トチノキ(栃の木)かもしれません。
画像
ハナミズキ(花水木)も紅葉しますが、黒ずんだ感じの色合いになりやすいので撮影のタイミングがなかなか難しい木だと思います。ということで、実の画像を。
画像
続いては、ドウダンツツジを背景にジョロウグモ(女郎蜘蛛:だと思います、おそらく)を。
画像
次はおそらくイロハモミジ(伊呂波紅葉)とドウダンツツジ。イロハモミジの紅色が鮮やかです。
画像
イロハモミジをチョッと下の方から覗いてみたら表側とは違った色合いの光景が広がっていました(笑)。それがこちら。
画像
翌日朝、六本木のサントリー美術館で「小野田直武と秋田蘭画」を楽しんだのですが、美術館裏手のミッドタウンガーデンの紅葉・黄葉が目についたので巡って見ることに。まずは、こちら。
画像
上の画像の左の建物がサントリー美術館。写っている紅葉の並木はサクラ(桜)です。続いてはカエデ。実際の色合いは、次の画像より紅が濃い印象です。
画像
こちらはナンテン(南天)の生け垣。所々にドウダンツツジが植えられていました。遠くから見た時は、全部がドウダンツツジ化と思ったのですが…。
画像
次は下にイルミネーションの枠がワイングラスのように作られている、おそらくエノキ(榎)。ケヤキ(欅)ではないと思うのですが…。
画像
こちらはイチョウ(銀杏)。鮮やかな黄葉で、惚れ惚れとする美しさです。東京ミッドタウンは旧・防衛庁跡地に造られた施設ですので、これらの樹木の中には自衛官の皆様の目を楽しませたものもあるのではないでしょうか。
画像
次の2枚は敷地内の木かどうかは不明なのですが、かなりの巨木。
画像
例によって、この木の正確な名前が分かりません。こんな形の葉っぱの黄葉樹です。
画像
この日は土曜日とあって、隣接する港区立檜町公園にはお子様が一杯遊んでいらっしゃいましたし、ミッドタウンガーデンには犬を連れた方々が大勢いらっしゃいました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年東京の紅葉・黄葉情報@西多磨霊園&東京ミッドタウン:11月19日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる