朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 淀水路の河津桜:2017年京都桜情報@・2月28日。

<<   作成日時 : 2017/03/02 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、三条大橋西詰の河津桜をご紹介しましたが、京都御苑の梅がメインでしたので今回の“淀水路の河津桜”が今年の京都さくら情報第1弾ということで…。まずは、河津桜の向こうに京阪線の特急(おそらく中之島駅行)が通過する画像を。独特の紺色がとても綺麗な車両です。
画像


京都競馬場の南西にあるこの淀水路は宇治川と桂川を結ぶ水路ですが、「まだ2分か3分の咲き具合だろうなぁ」と予想しつつ、淀駅から歩くこと10分程。
画像
木によってバラつきがあるのですが、上の画像の木はかなり咲いていました。続いては花の大写し。
画像
全体としてはこんな感じです。京阪線に近い地域は水路の北側だけに河津桜の木が並んでいます。
画像
去年来た時、河津桜は満開状態でしたが、もう1つのお目当ての菜の花が散っていたので、今回は一度確認のために早めに訪れた訳です。菜の花はまだ咲いていなくて、水仙がチラホラ。
画像
河津桜は、オオシマザクラ(大島桜)とカンヒザクラ (寒緋桜)の自然交雑種と推定されていますが、ソメイヨシノ(染井吉野)よりも花色が濃いピンクですね。再び、河津桜の大写し。
画像
大島桜は白い花ですから、寒緋桜の花色が良く出ているのでしょうね。また、染井吉野より花の咲いている期間が長いですね。水路のそばに道路があるのですが、そこの民家の方が鉢植えの樹木を並べています。手前は梅。
画像
この日、実は伏見で昼酒を飲む予定があり(笑)、その時間も迫ってきた上に、最初の橋の先はまだ花が咲いていなかったので、橋の手前で引き返すことに。
画像
で、京阪線淀駅前のバス乗り場側にも河津桜があるので、帰りはそちら側に回って覗いてみたらいつの間にか、上の画像のように水車が…。ちょうど、何人かの小父様が“淀の河津桜”の幟旗(のぼりばた)を立てていらっしゃるところでした。
画像
駅前の河津桜は余り咲いていなかったのですが、こちらが良く咲いている花の大写し。
画像
Kぽレからの天候次第ですが、後10日程すると見頃になりそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
淀水路の河津桜:2017年京都桜情報@・2月28日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる