朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 車折神社の多彩な桜が見頃で綺麗!:2017年京都桜情報C・3月23日。

<<   作成日時 : 2017/03/24 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とても暖かな20日以降、妙にうすら寒い日が続いている京都ですが、23日に車折神社(くるまざきじんじゃ)の桜の様子を確認のために、三条通をひたすら西へ西へとチャリチャリチャリ…。実は、ここに色々な種類の桜があるというのは、昨年秋に知ったのです(笑)。まずは、この桜の画像から。
画像


何という種類の桜か、実は不明なのですが、最後にもう1度登場しますので、その時に詳細を。で、三条通から大鳥居を潜って、旧第二鳥居跡に至るとこんな光景が。
画像
もうお馴染みの寒緋桜ですね。濃い紅色と下向きに咲く花が極めて特徴的なサクラデス。こちらは花の大写しの画像。
画像
さらに進むと、右手に河津桜が。緑の葉っぱが目立ちますので、もはや盛りは過ぎていると言って良いのでしょう。
画像
河津桜は駐車場にもありましたので、大写しはそちらで。で、上の画像の大きな木の左側、軽トラックの奥にはこちらの桜が。
画像
次の画像が花の大写し。薄いピンクの色合いと一重の花弁の様子からヒガンザクラ(彼岸桜)だと思うのですが、確信はありません(笑)。ひょっとしたら、最初の桜と同じかも…。
画像
で、駐車場に回り込むと、ここにも河津桜が。次の画像右の玉垣の奥の屋根は芸能神社です。
画像
先程の河津桜の花の大写しは割愛しましたので、ここで1枚。かなり、ぎっちり咲いているという印象です。
画像
続いては、芸能神社前の清少納言社横にある桜。何人かの観光客が鼻を撮影中。次の画像奥は拝殿・本殿です。
画像
こちらの花の大写し。彼岸桜かなと思うのですが、花弁の色が白く少し大きい感じです。
画像
この車折神社には、近くに住んでいた冨田渓仙という日本画家が献納した渓仙桜と呼ばれる有名な枝垂れ桜があるのですが、まだ全然咲いていませんでした。ので、画像は割愛(笑)。
画像
上の画像はさらに奥(北側)に歩んで行って、北側から社務所前あたりを振り返ったもの。右が拝殿・本殿です。で、上の画像の左側の桜がこちら。
画像
ムクドリ(椋鳥)が花ごと蜜を啄(ついば)んでいました。次が、本殿側の桜。八重なのですが、何という種類化は不明です。左右の桜は花弁の大きさと色合いが異なり、同種かどうかがはっきりしません。
画像
さらに北に進み、弁天社を過ぎて地主神社まで来ると、手前に矢や小さく白い桜が、奥には河津桜と思しき2種類の桜が。
画像
で、こちらが奥の河津桜。
画像
そして、次が手前の白いかなり小さな花の桜。花弁の形から考えると、マメザクラ(豆桜)系統の桜かなとは思うのですが、詳細不明。彼岸桜かも(笑)。
画像
ということで、次の画像は京福電鉄嵐山線(嵐電)車折神社駅と向かい合う裏参道入り口の石鳥居横に細い桜の木。丁度、紫色の嵐電が到着しました!
画像
で、こちらが花弁の大写し。最初の画像と同じ木の花です。
画像
ジュウガツザクラ(十月桜)かなとも思うのですが、彼岸桜のようにも思えるし…、社務所前の左右の木が十月桜カモとも思うし…。もう何が何だか分かりません(笑)。で、最後はこちら。
画像
上七軒「梅乃」の梅叶菜(うめかな)さんの玉垣です。比較的早く見つけることができました。ということで、おまけです(笑)。それにしても、車折神社の桜は多彩です!狭い境内に色々あって、とても楽しいです(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
車折神社の多彩な桜が見頃で綺麗!:2017年京都桜情報C・3月23日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる