朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS お待たせ!…円山公園の祇園枝垂れ桜:2017年京都桜情報P・4月10日。

<<   作成日時 : 2017/04/12 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

11日の雨と風は心配していたほど桜には致命的な害を与えなかった印象があるのですが、12日以降の桜の様子は明後日以降にご紹介しることにして、本日は2日の様子と比較しつつ10日の円山公園の祇園枝垂れ桜=一重白彼岸枝垂れ桜をメインに。まずは、10日の画像です。
画像


“祇園の夜桜”の別名を持つ枝垂れ桜ですが、2日時点では次の画像のように、左手前の若い木は咲いているものの、本体の方はではこんな感じで開花はまだまだ、でした。最初の画像より左に寄った位置からの画像です。
画像
本体の枝垂れ桜は2代目。初代が1947(昭和22)年に枯れたので、15代佐野藤右衛門氏が初代の種から育てていた木をその翌々年に移植したものですね。若木は3代目でしょうか。こちら手前の若木の大写し。
画像
彼岸桜なので、花弁は少し小ぶりです。
画像
次の画像は10日時点のもので、2枚目の画像とは少し撮影の角度が異なるのですが、“攻守交代”という感じで若木の花は完全に散っていました。
画像
で、祇園枝垂れ桜の裏手(八坂神社寄り)の染井吉野は、2日の時点では全く咲いていません。日曜日とあって、場所取りの人もいましたが…。
画像
しかし、10日は染井吉野がほぼ満開で、月曜日であるにも関わらず大勢の方々が…。いや、花見日和でしたよ。
画像
次は2日の画像。染井吉野に間違いないと思うのですが、さらに八坂神社寄りに何故か見事に咲いた木が。
画像
上の画像の左の木の周りには、大勢の外国の観光客が真剣に写真を撮っていらっしゃいました。
画像
青空に染井吉野の花弁が綺麗に映えます。
画像
続いては、八坂神社の本殿裏にあたる場所で、10日になってから見つけた大島桜。
画像
大島桜は白い花が大きいのでとても綺麗だなぁと思います。緑の葉っぱとのコントラストも良い感じです。
画像
この本殿裏には、小さいながら花見ができる場所があるのですが、前にUPした祇園枝垂れ桜の裏あたりと違って、若干、穴場感があります。次は2日の画像。
画像
こちらが、ほぼ同じ位置から10日に撮影した画像。枝垂れ桜と染井吉野の両方が咲いていますが、開花状況の変化が良く分かります。
画像
2日の画像の枝垂れ桜の花弁の様子がこちら。
画像
ということで、円山公園というと祇園枝垂れ桜だけが取り上げられやすいのですが、決してそうではありません。今回は池のある東側は割愛しましたが、公園全体で700本ほどの桜があるとか。つぶさに見ていくと、かなりのバリエーションがあることをお知らせしたくて、色々とご紹介してみました(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お待たせ!…円山公園の祇園枝垂れ桜:2017年京都桜情報P・4月10日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる