朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 祇園・白川北通&華頂道&神宮道の桜:2017年京都桜情報I・4月2日。

<<   作成日時 : 2017/04/04 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

4月2日時点での桜情報の続きです。まずは、白川北通の山桜の画像から。この白川沿いの桜の中では早く咲く山桜ですが、行者橋、この手鞠のように咲く花の着き方は絶品だと思っています。
画像


白川北通は、東大路通から花見小路までの白川沿いの短い通りですが、こちらが東大路側から通りを眺めた画像。染井吉野はまだ1分咲き程度ですが、数本ある山桜が綺麗なのです。
画像
続いては、上の画像の手前の山桜の大写しを。構図といいピントといいバッチリで、行者橋、チョッと自信の1枚です(笑)。
画像
次の山桜の下では、外国の女性がBFらしき方に写真を撮ってもらっていました。次の画像奥に見えるのは、丁度、この日開催される「白川桜まつり」の準備をしている青いテントです。
画像
最初の画像の桜は、実は、この山桜です。最初の画像の塊は、次の画像の右側下3分の1あたりの大写しなのです。
画像
いや、惚れ惚れとする花の風情です。数としては染井吉野の方が多いのですが、2日の時点ではまだまだ、です。このところの好天と気温の上昇でかなり花が開いたと思います。
画像
ということで、再び東大路通に戻り、古門前通から知恩院境内の中(と言って良いと思います)の華頂道へ。と、鮮やかな紅色の桜が左右に。
画像
かなり花が開いているのですが、おそらく寒緋桜かその系統の桜だと思いました。
画像
華頂道を左に折れて、青連院方向に歩を進めると、青蓮院四脚門の前に2本の桜が。そして、こんな場所にもウエディング姿の男女が…。
画像
白川南通でもそうですが、この洋装パターンは中国系の方々で、日本人は大体が和服です。それはともかく、ここの桜は染井吉野とは微妙に違う印象でした。次は、上の画像左側の花の大写し。
画像
かなり大きな木なのですが、花は小柄で豆桜系かもと思ったのですが、真相不明。右の桜も不明です。その後、蹴上の京都国際交流協会に。
画像
1日・2日とアメリカンフードフェスティバルが開催されていたので立ち寄ったら、上の画像の桜があったのです。が、この桜も種類が分かりません、寒緋桜の系統のようにも思うのですが。
画像
隣接する無鄰菴(むりんあん)との間にある、漬物屋さんに大きな枝垂れ桜が。
画像
さらにその後、染井吉野のインクラインを確認に行ったのですが、OUT.せいぜい、“開花”期状態。仕方なく、琵琶湖疎水を巡ってもOUT。
画像
辛うじて、上の画像のように京都市立美術館(左側)と京都市動物園の間に、山桜が咲いているだけでした。
画像
最後に円山公園の枝垂れ桜も確認に行ったのですが、本体の木はまだまだでしたので、もう1度確認に行ってから、UPします。今しばし、お待ち下さい(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祇園・白川北通&華頂道&神宮道の桜:2017年京都桜情報I・4月2日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる