朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 本満寺&京都府立医科大学附属病院の枝垂れ桜:2017年京都桜情報K・4月4日。

<<   作成日時 : 2017/04/06 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は、少し力を入れて頑張っています(笑)ので、続いても4月4日の桜情報です。ただし、基本的に京都の東に偏っていますが…(笑)。京都府立医科大学附属病院の桜は初めてUPシマス。で、まずは寺町今出川交差点から少し北にある本満寺の枝垂れ桜の画像から。
画像


寺町通に面したお寺の入口はこんな感じです。次の画像左の鳥居は妙見菩薩を祀る妙見堂のものです。菩薩は仏教世界の呼称ですが、妙見菩薩は複雑&微妙な神仏習合状態にある菩薩です。
画像
京都の人々の間では“出町の妙見宮”と呼ばれているそうです。で、次はその妙見堂側の塀越しに見た本堂前の枝垂れ桜(違う角度からですが、同じ木)です。
画像
上の画像の石塔をチョッと配してみました。
画像
大きく広がった枝垂れ桜の枝の下から撮影してみました。
画像
この枝垂れ桜は、紅枝垂れ桜という訳では無いようですが、同じ木でも角度・場所によって色合いが随分異なって見えます。まずはこちらの、いかにも枝垂れています!…状態を(笑)。
画像
こちらは、ピンク系が強い印象ですが、これはこれで趣があってまた良い感じです。
画像
次は、枝垂れ桜を遠くから見た画像ですが、手前にパラパラとしか咲いていない染井吉野を配してみました。
画像
こちらが、その染井吉野の咲いている花弁。
画像
続いては、このところ何かと話題の京都府立医科大学附属病院の敷地にある桜を。鴨川(次の画像左)の河川敷をチャリチャリしていたら見つけたもので、今年初めて知りました。実は3種類の桜が咲いています。
画像
北側から撮影した上の画像では分かりにくいのですが、左端の何となく緑っぽい木がこちら。次の画像右の濃い緑の木(どうも橘らしいです)では無く、左の薄い緑の方です。
画像
近くの説明板に名があったのですが、これはどうも冬桜のようです。冬桜は、山桜と豆桜の交配雑種で、10〜12月と3〜4月の2回開花煤桜です。この日、ほとんど花は無かったのですが、その画像がこちら。
画像
次の画像は反対側(南側)から撮影したもの。画面奥方向が鴨川です。
画像
上の画像手前の白い桜は、別の時に植えられたようで名前が不明なのですが、枝垂れ桜ではありますね。こちらが花弁の大写し。
画像
最後の桜が濃いピンクの枝垂れ桜ですが、説明板によると、これはどうも千年滝桜という桜のようです。福島県田村郡三春町にある樹齢1000年以上と言われる“三春滝桜”の系譜をひく桜だと思われます。
画像
“三春滝桜”は江戸彼岸系の紅枝垂れ桜で国の天然記念物の指定を受けた有名な名木ですね。こちらが花弁の大写し。平安神宮の八重紅枝垂れ桜と似た感じなのですが…。
画像
冬桜・橘・千年滝桜は、創立125周年を記念して植えられたようですが、白い枝垂れ桜は詳細不明(説明板が読めませんでした)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本満寺&京都府立医科大学附属病院の枝垂れ桜:2017年京都桜情報K・4月4日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる