朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS “地ビール祭京都2017@三条商店街”で出会った方々:2017年5月14日。

<<   作成日時 : 2017/05/16 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

“CRAFT BEER FESTA KYOTO 地ビール祭京都2017”に、今年は47期青のKako_blue47(仮名)&ご主人とご一緒に参戦。昨年は色々なBEERのブースを2回に分けてUPしましたので、今年は趣向を変えて。最初はご夫妻の画像!…ですが、フェイントをかけて、こちらの皆様を(笑)。
画像


敢えて詳細は伺いませんでしたが、同じ職場の皆様のようで、実にファンキーな方々でした。三条商店街はアーケード街なので雨が降ってもOKなのですが、この日は“BEER日和”という好天で、BEERが実に美味!
画像
行者橋、今年は前売り券(2000円で400円券×6枚)を3人分用意してKako_blue47ご夫妻と合流。行者橋は、毎年このEVENTを楽しみにして参戦していますが、初参戦のご夫妻は大興奮(笑)。
画像
このEVENTでは、各ブースに列ができると一番最後のお客様が「最後尾」の札を掲げ、後ろに人が続くと札を渡していく慣例があります。次の画像の方はご存じなかったので、教えて差し上げました(笑)。
画像
行者橋TEAMは、A―Fブロックの各ブロックで1か所ずつBEERを購入することにして堀川通側から西に移動していきました。Kako_blue47はピルスナー系があれば、それをGET!
画像
「そう言えば、去年も同じ5月14日だったなぁ」と思いながらBEERを飲んでいたのですが、去年は土曜日、今年は日曜日のEVENTなので同日になった訳です。と、こんな人が!大阪からお見絵になったとか。
画像
今回は、BEERのブースを余りUPしないのですが、ここで1つ。奈良県生駒市の「ゴールデンラビットビール」のブースを。会社名は、大神神社(おおみわじんじゃ)の“撫で兎”に由来するとか。
画像
Kako_blue47ご夫妻は、以前に松江市でお仕事をされていたこともあり、「松江地ビールビアへるん」(島根)は外せないということで、ここでは2杯!
画像
次はご主人が「HYAPPA BREWS」(愛知)で最後の1杯をオーダーしていらっしゃる場面。3人の中ではご主人が最もお酒に強く、アルコール度数の高いBEERを好みます。行者橋も同様ですが(笑)。
画像
今回、行者橋はSPECIAL-BOXを持参。実は、錦市場でのお酒EVENT用に作り、お蔵入りしていた物が日の目を見た次第です。商店街に駐輪してある自転車の荷台の上に置いてくつろぐことができるように、手持ちタイプ。
画像
稀にオーナーがお出でになって引っ越します(笑)。専用トレイ(400円)も販売しているのですが、実は中途半端に不便で高い(笑)。従って、様々なBOXやトレイを持参して参戦する方が結構いらっしゃいます。で、この画像。
画像
上の画像のお2人のBOXはカップ用の穴2つの首掛けタイプ。正面に“BEER”と入っていて気合が伺えます。同好の士ということで、お互いの工夫と努力を讃え合いました(笑)。普段は余りBEERを飲まない行者橋ですが、久々にCRAFT BEERを堪能しました。Kako_blue47ご夫妻様、来年も参戦しましょう!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多分、今年の大注目の的だった行者橋ビールトレーで自作者が続出すると思いますので
来年はqualityを競いましょう(^^♪(笑)
Craft beerのロゴを何らかの形で作るか・・・(笑)
一年あるのでじっくり考えます。
Kako_Blue47
2017/05/16 18:45
Kako_Blue47様、楽しいひと時を本当に有難うございました。今回は、有り物の段ボールの箱を再利用しましたが、あと1回くらいは使用に耐えるとは思います。しかし、水に弱いという弱点を解消するために、プラスティック段ボールを買って同じような物を作ってみようかなと思っています。今回のBOXで展開図を考えれば、何とかなりそうですし…。プラスティック段ボールだと、水洗いもできるので何回も使えるというメリットもありそうです。今後の課題です(笑)。
行者橋 渡
2017/05/16 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
“地ビール祭京都2017@三条商店街”で出会った方々:2017年5月14日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる