朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 葵祭・御禊の儀を終えた斎王代さんを撮影するために、下鴨神社にチャリチャリと…。

<<   作成日時 : 2017/05/05 08:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

5月4日は、葵祭の華・斎王代さんが“御禊の儀:おんみそぎのぎ”を披露される日で、今年は会場が下鴨神社でした(上賀茂神社と隔年で実施)。で、その御禊の儀の良い画像はメディアと関係者以外は、なかなかGETできないので、これまで触れてこなかったのですが、今年はその帰り道で待ち受けることに(笑)。
画像


今年の第62代斎王代さんは富田紗代(とみた さよ)さん。4月11日に葵祭行列保存会によって発表されましたが、以下の様々な情報はその発表に拠っています。次は、楼門をくぐって登場された時の様子。
画像
行者橋は、いつも舞妓さんのEVENTの時にお見掛けする皆様と、どこで撮影するのが良いか等と種々検討していたのですが、意外や、ロープが置かれていたものの神社側の規制も緩く、上のような展開に。で、大写し。
画像
第62代斎王代さんは不動産賃貸会社の専務の3女で、同志社女子大学政策学部の2回生。趣味は映画鑑賞と映画鑑賞だそうで、タップダンスが得意とのこと。
画像
ついでに、同志社女子中・高等学校時代にはではソフトボール部のピッチャーだったとか。次の画像は、どうも知り合いの方がいらっしゃったらしく、そちらの方とチョッと会話を交わされている場面。
画像
毎年、行者橋は京都御所での出発前や北大路通を過ぎた賀茂街道(賀茂川右岸の土手です)で路頭の儀の行列を撮影することが多いのですが、なかなか斎王代さんのお顔をきちんと撮れません。が…。
画像
ここでは上の画像のように、かなり接近できて大写しも可能。夏を思わせる強い日差しのとても良いお天気だったので、日傘の関係で顔が赤く染まっていますが…。
画像
斎王代さんが下鴨神社にお入りになる時は、きちんと通路が確保されていたそうですが、帰りは上の画像のような状態。「通路をあけて下さい」の声とともに、斎王代さんは静々と前に進まれます。
画像
ちなみに、今年は斎王代さんのお姉さんお2人も女人列に参列されるので、3姉妹で参加。いやぁ、親御さんは大変だ!…女人列の皆様はこの前に出られたのですが、どの方か不明でした。南鳥居をくぐって行列も終了。
画像
ということで、斎王代さんは次の画像右の馬車に乗ってお帰りに…って嘘ですよ(笑)。馬車は、馬場を回る観光客用のものです。斎王代さんは左の黒いTAXIです(笑)。
画像
葵祭への斎王代さんの参加は、上賀茂・下鴨両神社に仕えた内親王「斎王」にならって1956(昭和31)年に再興されました。最後にもう1枚。
画像
キリッとした素敵な表情で、行者橋はこの日のBEST-SHOTだと思っております。今年は近くで撮影できて何よりでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
葵祭・御禊の儀を終えた斎王代さんを撮影するために、下鴨神社にチャリチャリと…。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる