朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 宵山の綾傘鉾2景:祇園祭・2017年7月16日。

<<   作成日時 : 2017/07/17 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

37期紫なすびのRi-tan(仮名)とご主人が祇園祭をご覧になるために上洛されましたので、宵山では各山鉾をひと通り鉾町を回ったのですが、綾傘鉾に行ったら、丁度、籤改め(くじあらため)の練習をしていらっしゃる場面に遭遇!ということで、まずはこちらの画像から。
画像


籤改めは、前祭山鉾巡行の際に四条堺町に設置される“籤改め処”(後祭では京都市役所前)で、各山鉾の正使が籤取り式で決まった順番を奉行(京都市長)に見せて確認してもらう儀式で、巡行の見どころの1つです。
画像
最初の場面の後、上の画像のように、紐で結ばれた籤の入った箱を奉行に差し出し、扇子を使って紐をほどきます。無事、紐がほどけると蓋を開け、奉行に向かって差し出します。
画像
で、奉行が「山〇〇番××山」という形で読み上げて籤が箱に戻されると、蓋をして垂れ下がった紐に扇子を掛けて、紐を巻き上げていきます。次は扇子を掛けている場面。
画像
で、扇子を大きく回して1度でクルクルと巻き上げることができるとOK。次の画像は、見事に決まった瞬間。
画像
この後、山鉾の方向に向き直って扇子を開き、扇子を大きく降って山鉾の移動再開を促す訳です。
画像
奉行役の方もチャンと籤を読み上げたり、細かな姿勢をチェックしたりして、細かな点を含めて籤改めを練習していらっしゃいました。この練習を宵山の時にしていることは知っていたのですが、見るのは初めて。

続いては夜の光景。綾傘鉾の日和神楽(ひよりかぐら)の一行が、宮川町歌舞練場前で棒振り踊りが披露されるので、夕食の後に見に行きました。21時40分過ぎ、笛・鉦・太鼓の音が聞こえて来て棒振りさんが到着。
画像
続いて、囃子方の一行も。屋台は少し離れた場所に置いて、囃子方の皆様は歌舞練場前の小さな広場に移動します。
画像
こちらが開始した時の画像。中央に太鼓、左に鉦、右に笛、中央奥に棒振りさん、さらにその奥階段上には宮川町の舞妓さん・芸妓さんという布陣(笑)です。
画像
最初、座ったまま売っていた太鼓のお2人は次第に熱を帯びて立ち上がって演奏します。
画像
と、棒振りさんの登場!いきなり、白い糸(紙)をまき散らす展開。何でも、糸の先に着いた鉛玉を3つ集めると幸運が訪れるとか。
画像
白い糸が掛かったまま棒を振ります。棒振りさんは、巡行時と違って“素面:すめん”です。
画像
舞妓さん・芸妓さんも熱心に見物。粗くて暗い画像ですが、左から2人目がポロニア学園(仮名)出身発の舞妓さん・富美芳(ふみよし)さんです。
画像
行者橋TEAMは最前列に陣取っていたので巡行時と違い、目の前で棒が降られると風が飛んできます。続けて2枚。
画像
画像
、ということで、棒振りさんが後ろに下がって、無事棒振り踊りも終了。
画像
終了後、富美芳さんの写真をと思っていたのですが、歌舞練場の中に入ってしまわれましたので断念。で、最後はこちらの芸妓さんの画像を。
画像
お名前不明です。どなたかご教示下さい。この日は夜の大混雑は避けたものの、石見神楽もチラッと拝見し、宵山を満喫しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宵山の綾傘鉾2景:祇園祭・2017年7月16日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる