朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 後祭山鉾巡行・後篇:祇園祭・2017年7月24日。

<<   作成日時 : 2017/07/26 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

後祭山鉾巡行の鈴鹿山・浄妙山・黒主山・大船鉾篇ですが、舞妓さんも3人登場されます(笑)。前篇のTOPが橋弁慶山のアクロバティックな画像でしたので、後篇はそれと好一対の浄妙山(じょうみょうやま)から。
画像


宇治川の合戦の先陣争いで、上の白い一来法師(いちらいほうし)が下の黒い筒井浄妙の頭に手をやり、一番乗りを果たした瞬間ですね。欄干に矢が刺さりリアル感を醸し出しています。さて、こちらは鈴鹿山の籤改め。
画像
それまで大人が続いたのですが、ここでお子の正使が登場したので、周辺の皆様も思わず親心的な心配顔が混じった笑顔で見守ります(笑)。で、無事、籤改めを終えて扇子を振って山を呼びます。
画像
鈴鹿山は瀬織津姫神(せおりつひめかみ=鈴鹿明神・鈴鹿権現)を祭神とするのですが、美人なのですが、後姿しか無く申し訳ない(笑)。
画像
そして、最初の画像で紹介した浄妙山。独特の構造をしているので、宵山を過ぎてからの組み立てがとても大変なのだとか。舁き山では最も重いそうです。
画像
河原町御池での大船鉾の辻回しをパスして、河原町三条で黒主山を待ち受けていたら、満開の桜の花が見えてきました。
画像
大伴黒主が桜を見上げている場面ですが、西行説もありケリがついていないとか。この桜の花は翌年の粽に添えられます。数年前、この黒主山で粽を巻いた体験を思い出します。
画像
三条通の交差点で一旦、東側に移動して大船鉾の通過を待ってパチリ。
画像
で、前祭(さきまつり)の時には後姿しか撮れなかった舞妓さんを撮影するために河原町三条のバス停まで少し戻りました。で、こちらのお3方は、右から小衿(こえり)さん・豆珠(まめたま)さん・朋子さん、です。
画像
折角ですから、お1人ずつ。まずは小衿さん。
画像
続いては豆珠さん。
画像
そして、朋子さん。いずれも祇園甲部の舞妓さんです。
画像
その後は、人混みの河原町を避けて木屋町通を南下し、四条河原町へ急ぎ、大船鉾の辻回しをチェック!…結論から言うと、30度を1として考えると“1+0.5+0.5+1”という感じで4回で辻回しに成功。3枚続けて、その様子を。
画像
画像
画像
最後は、音頭取りさんが4回目の声を掛けている場面です。
画像
ということで、後祭山鉾巡行のご報告は終了です。画像が多いので、1日に2回UPは流石に苦しい!…(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
後祭山鉾巡行・後篇:祇園祭・2017年7月24日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる