朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 長刀鉾のお稚児さん・禿さん、最後のお勤め@疫神社夏越祭:祇園祭・2017年7月31日。

<<   作成日時 : 2017/07/31 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7月31日、八坂神社内の摂社・疫神社(祭神:蘇民将来)で夏越祭が行われ、祇園祭の幕が閉じられます。祇園祭の関係者が勢揃いして神事に参列する訳ですが、長刀鉾のお稚児さん・禿(かむろ)さんも最後のお勤めをされます。まずは、茅の輪をくぐって茅(ちがや)を持って、ホッと一息のお稚児さん・禿さんの画像から。
画像


行者橋は既に6月30日に茅の輪くぐりも済ませておりますので、10時少し前に八坂神社に行き、もっぱらお稚児さん・禿さんに注目(笑)。こちらが、疫神社の鳥居に取り付けられた茅の輪。テント越しの画像ですが。
画像
次の画像は、北向蛭子社(きたむきえびすしゃ)側から撮った祝詞(のりと)奏上の場面。画像右手が疫神社。左手前のポールのそばにお稚児さん・禿さん。奥は一般参拝者です。
画像
次の画像右が禿さんの小嶋啓太君、中がお稚児さんの林賢人君、左が禿さんの桐原真優君。神事の最中に時々、何かが気になったのか、上方に目を走らせていらっしゃいました。何だったんだろう(笑)。
画像
10時20分過ぎに神事が終了し、宮司さん(左側の方)以下神職の皆様が退場されました。
画像
次は少し後の画像ですが、右がお神酒を注ぐ場所、左が茅の輪をくぐる皆様の列、中央の方は宮司さ。宮司さんは退場された後、着替えられてテント内に戻り、色々な方にご挨拶されていました。暑い中、大変です。
画像
神事終了後は関係者の皆様が茅の輪をくぐって参拝し、茅を抜いてお神酒をいただくという流れになります。で、3人が…。お子様ですので、巫女さんもどうしたものか…と瞬間、ためらいが(笑)。
画像
結局、形だけ…ということに落ち着いたようで、かわらけ(土器)を手に取るお3方。
画像
他の皆様と同様に、かわらけを紙袋に入れて、にっこり。
画像
お知り合いの方がいらっしゃったようで、3人揃踏み!
画像
改めて、お1人ずつ。まずはお稚児さんの林賢人君。
画像
続いては、禿さんの桐原真優君。
画像
そして、もう1人の禿さんの小嶋啓太君。
画像
ということで、お稚児さん・禿さん、長い間ごお疲れさまでした。お父様・お母様のご苦労もいかばかりか…。
画像
どこかで撮影していた時、「今年の発表があった時、実は去年の8月から決まってたんだよ」と孫から電話があったという話を耳にしましたが、本当にお祖母ちゃんかどうか未確認なので、真相不明(笑)。で、最後の画像。
画像
行者橋が帰る10時45分頃の一般参拝者の列ですが、まだ関係者の参拝が続いており、待機中です。こちらも暑い中ご苦労様ですが、最初の方は何時に並ばれたのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長刀鉾のお稚児さん・禿さん、最後のお勤め@疫神社夏越祭:祇園祭・2017年7月31日。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる