朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『空飛ぶタイヤ』は結論が分かっていても…&もう1本、映画『家に帰ると…』の話を。

<<   作成日時 : 2018/06/13 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

映画『空飛ぶタイヤ』は、2002(平成14)年1月に起きた“横浜タイヤ脱落母子3人死傷事故”と三菱自動車工業(当時)のリコール隠しという実話をモデルにした小説が基になった作品です。小説の原作者は池井戸潤。ということで、こちらがポスター。
画像
*画像は(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

基本的なSTORY展開は、池井戸原作のTVドラマ『半沢直樹」等同様、大企業の不正・横暴に対抗する個人が主人公というパターンです。こちらが、長瀬智也扮する主人公の個人運送会社社長・赤松。
画像
*(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

自社所有のトラックのタイヤが走行中に突然外れて母子を死傷させる事故を起こし、整備不良を疑われる中、赤松社長は整備士の記録等からトラックの構造の欠陥に気づき、製造会社・ホープ自動車に再調査を要求。
画像
*画像は(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

しかし、交渉相手のホープ自動車販売部カスタマー戦略課長・沢田(ディーン・フジオカ):上の画像右)は、なかなか相手にしてくれず、赤松の会社は倒産寸前に。赤松は自ら調査に乗り出し解決の糸口を見出そうと動きだす。

一方、執拗な赤松の要求に対応する中で、沢田は自社の秘密を感じ取り、会社内での地位確保目的で独自調査に乗り出す。また、週刊潮流記者の榎本(原作は男性、映画は女性:小池栄子)が赤松に協力する展開に。

さらに、ホープ自動車の経営体質に疑問を抱いていた系列会社・ホープ銀行本店営業部の調査役・伊崎(高橋一生:次の画像右)は、大学時代の友人である記者・榎本(次の画像左)から様々な情報を得る場面。
画像
*画像は(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

その後、赤松に有利に動くかと思えた流れは、さらに様々な難局が待ち受けて…最後には、という展開。が、以下は観ていただくことに。長い原作を120分に収めているので、もう少し…という場面もありますが、お薦め。

結論は見えているので、落ち着いて観ることが出来ますが、やはり「頑張れ、赤松社長!」と思わず肩に力が入ります(笑)。原作では小太りだったはずですが、とりあえず、日本アカデミー賞主演男優賞候補に長瀬1票(笑)。

以上で、明後日から公開の『空飛ぶタイヤ』のお話は終了。公開中の映画から『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』の話を。
画像
*画像は©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

行者橋、予告を観て「まぁ、面白そうなコメディのようだから観ておこうか」と思ったのですが、これが意外な展開の映画でした。主演は榮倉奈々と安田顕。この映画には原作があるのですが、きっかけが“Yahoo!知恵袋”の投稿ということで、チョッと不思議&面白い!

その投稿は、2010(平成22)年7月17日に「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」というもので、6日後に投稿者とは別の人物が投稿を元に楽曲を作って動画を公開して評判となり、9月に投稿者がその後の顛末をブログで記した…という展開があるとのこと。
画像
*画像は©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

2011(平成23)年7月11日には漫画化され(作画:ichida)、PHP研究所から出版されたそうで、この時、原作者(投稿者)は.Kajunskyとなっているとか。それが映画化されたという訳です。いやぁ、背景等は全く知らなかった行者橋ですが、いかにも今どきの面白い展開です(笑)。

この映画のキーワードは「月が綺麗ですね」。どこかで見た気がする言葉だなぁ、と思いながら映画を観ていたのですが、この作品はチョッと奥行きのある恋愛映画でした。謎の言葉の意味は「そういえば、そうだった」と思い出しましたが(笑)、正解はご覧になってどうぞ。
画像
*画像は©2018「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

なお、最初の投稿へのベストアンサーを抜粋すると「奥さんは、あなたが少しでも笑った顔が見れたら嬉しいんじゃないかな…きっと少しでも…奥様は毎日新鮮で楽しい生活を送りたいのだろうと思います。だからそれなりに奥様なりに一生懸命考えた末でのことだろうと。 奥様は本当に素敵な方だと思いますよ」という回答でした。

これらの言葉がうまく取り入れられて映像化されたような作品です。タイトルと予告が妙にコミカルで先行きが読めないので、余り評判になっているとは思えないのですが、夫婦とは何かを考えさせられ、チョッと心温まる佳作だと感じました。お薦めします。

◆『空飛ぶタイヤ』(2018年・日本映画・120分・監督:本木克英・配給:松竹 ・2018.06.15公開)
◆『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(2018年・日本映画・115分・監督:李闘士男・配給:KADOKAWA ・2018.06.08公開)
〔最近観た映画から-48〕

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『空飛ぶタイヤ』は結論が分かっていても…&もう1本、映画『家に帰ると…』の話を。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる