朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 「中村楼」のお料理は豪華!@「京料理味めぐりの会」

<<   作成日時 : 2018/07/03 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

京都新聞主催「京料理味めぐりの会」での舞妓さん・芸妓さんの様子は既に3回UPしてきましたが、ここで本来の目的(笑)であるお料理の数々をお届けします。「中村楼」と言えば、やはり“名物 祇園豆腐(田楽)が最初に来なければOUT”!でしょう。
画像


八坂神社正門(南門)の鳥居内にある「中村楼」は、次の画像右端に屋根が見える建物がそれです。今は残っていませんが、左側に「藤屋」という料亭があったので、“二軒茶屋”と称されました。
画像
“二軒茶屋”は共に豆腐田楽が有名で、店先で女性が豆腐を切って焼く様子が大評判だったとか。「中村楼」は元々「柏屋」を名乗り、後に「中村屋」、そして「中村楼」になったそうです。
画像
上の画像右が本格的な懐石料理をいただく建物の入口、左に切れている所が気軽にSWEETSや祇園豆腐をいただけるお茶屋です。で、門をくぐって、右のKOTOWA(2階)へ。
画像
で、以下、お料理の画像を。本当は素敵な器もUPしたいのですが、画像が多くなりすぎるので、割愛。テーブルに案内されると、“水出し茶とわらび餅”が。
画像
そして、“先付 水無月豆腐 雲丹 新蓴菜(じゅんさい)”。煮た小豆の乗った胡麻豆腐が、雲丹と蓴菜の入った冷たいスープの中に。
画像
続いては、貝と海藻の模様の入ったお椀に盛られた“吸物 甘鯛 冬瓜 管牛蒡 三度豆 青柚子”。甘鯛が肉厚で実に美味。青柚子は、最初、胡瓜かなと思いました(笑)。
画像
次のメニューは“造り 一、鱧落とし 二、よこわたたき”。まずは織部の器に入った“鱧落とし”。梅肉でいただきますが山葵も添えられていました。行者橋は山葵で食べるのが好きなので、有難かったです。
画像
そして、“よこわたたき”だったのですが、よこわ(本鮪の幼魚)が入手できなかったとかで、“かつおたたき 土佐酢添え ”に変更でした。茗荷(みょうが)と大葉が掛かっています。
画像
いちいちは書きませんが、どのお料理もとても美味でした。続いては、「献立」の順序が変わったのですが、“強肴:しいざかな 菱かに 茗荷 ミニオクラ 土佐酢ジュレ”。
画像
紺の器が涼やか!で、次は再びの登場ですが、“名物 祇園豆腐(田楽)”。木の芽味噌を塗って焼き上げた田楽ですね。香ばしい香りが食用をそそります。
画像
次は“焼物 鮎炭火焼き 蓼酢 他あしらい一式”。行者橋、独特な香りとほんのり辛みがありサッパリした味の蓼酢(たです)を割合好きなのですが、何故か焼き鮎の時にしかお目にかかりませんね、不思議(笑)。
画像
次は、茅の輪風の飾付けの“八寸 鱧小袖寿司 手長海老 鰻八幡巻 セロリサーモン 黒胡麻 新甘藷栂ノ尾煮 枝豆 白瓜昆布〆 もろみ”。白瓜が青瓜に変わっていました。
画像
品数が多いので、大写しを。なお、新甘藷栂ノ尾煮というのは次の画像手前にあるチョッと捩じったサツマイモの砂糖煮です。
画像
続いては、“炊合せ 賀茂茄子揚げ煮 合鴨山椒焼き 白ズイキ 唐辛子”です。色の組合せが、いかにも本格!という一品です。ズイキ(芋茎)なんて、何年振りだろう!
画像
で、ご飯です。“止碗 赤出汁”・“ご飯 新生姜ご飯”・“香の物 五種盛り”のSETですね。
画像
最後はデザート。“水物 季節の果物”は桃のコンポート(シロップ煮ですね)とブルーベリーです。
画像
ということで、とても豪華なお昼ご飯をいただきました。最初に出てきた大好きな蓴菜はお代わりをしたかったです(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「中村楼」のお料理は豪華!@「京料理味めぐりの会」 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる