朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 島原の葵太夫さんもご参加の「はも道中」、今年は雨のため全て八坂神社の境内で…。

<<   作成日時 : 2018/07/05 18:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

恒例の「はも道中」も今年で10回目になるそうですが、雨のため、例年なら14時に八坂神社を出て花見小路通までを往復する“はも道中”は八坂神社内の舞殿の周回に、16時からの“はもの骨切実演”は中止、ただし、“はも奉納神事”・“淡路人形浄瑠璃”・“はもすき振舞い”は予定通りという展開に。で、まずはこちら。
画像


島原の葵太夫さんは昨年も参加されましたが、今年は近くで多くの画像を撮影できましたので、そちらをTOPに…とも思ったのですが、「クイーン淡路」のお3方と「TOPでUP」をお約束しましたので(笑)。で、次は鱧。
画像
毎年のことながら、とても大きく見事な鱧です。次は、境内に登場の葵太夫さん一行。右端は葵太夫さんのお母様(元・司大夫).。お2人の禿(かむろ)さんが続きます。左端は男衆さん(で良いのかな)。
画像
“はも道中”の関係の皆様が正門にあたる南楼門前に集合していきます。こちらは関係者の法被(はっぴ)の後姿。鱧の顔がチョッと悪そう!何です(笑)。でも、欲しいなぁ!この法被(笑)。
画像
鱧の桶も2人のお兄さんに担がれて移動です。外国のお客様が不気味そうな眼差しでご覧になっていたのが印象的です(笑)。
画像
そして、14時に“はも道中”がスタート…と思っていたら、美しい模様の浴衣姿の素敵な女性が南楼門から降りていらっしゃいました。実はNHKの「ニュース630 京いちにち」のキャスター・北浦静香さん。
画像
ということで、スタート時点の“はも道中”の光景がこちら。「淡路島から,”はも道中”」の掛け声とともに歩を進めます。これはこれで印象に残る光景。
画像
次は、小雨降る中、舞殿の周りを歩く葵太夫さん一行。禿さんに何か話しかけていらっしゃいます。
画像
次の画像は周回を終わった葵太夫さんの大写し。いつ拝見しても、簪・笄(こうがい)等が豪華。向かって右側には、七夕風の飾りも見えますね。お口の中は見えませんが、実は“お歯黒”さん。
画像
“はも道中”の終了後は本殿で神事。その後、15時30分から舞殿で“淡路人形浄瑠璃”が披露されました。これは別項でご紹介したいと思いますので、全体像だけを1枚。
画像
そして、お待ちかねの“はもすき振舞い”は16時から。行者橋、舞殿から素早く移動して1番乗り(笑)。次は、行者橋がいただいた後の行列の様子ですが、限定300食。
画像
最初の画像のように「クイーン淡路」の方が配っていらっしゃったのですが、地元のお母さんも。
画像
こちらが大写し。いやぁ、鱧の子(卵)も入っていて、実に美味でしたよ!
画像
“鱧の骨切り実演”中止は残念でしたが、十分楽しめました。最後に、もう1度「クイーン淡路”のお3方を。右から尾上愛沙美さん・松村美優さん・藤田真礼さん(今年2月の選考時点で全員23歳)。
画像
お3方とも気さくな方で、「皆さん、淡路島の方ですか」と尾上さんに伺ったら、「淡路島に縁のある方という選考条件なので…。私は大阪在住ですが、内緒にしておいて下さい」とのお答え。ですが、尾上さん、2月時点の各種報道でバレていましたよ(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
島原の葵太夫さんもご参加の「はも道中」、今年は雨のため全て八坂神社の境内で…。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる