お洒落なカフェ:吉田山の「茂庵」。

Alicoさんこと、正式名:ありこさん(笑)が京都にお出でになった時に、久し振りに吉田神社そばの「重森三玲(しげもり みれい)邸書院・庭園」をご案内しました。

以前、シャープの液晶テレビ・アクオスのCMで吉永小百合さんがたたずんでいた、この庭園についてはいずれご紹介しますが、一通り見学した後、吉田山の「茂庵:もあん」でお茶をすることにしました。これが内部(2階)です。
画像
行者橋、この「茂庵」には京都にいらっしゃった知り合いと一緒に何度も来ているのですが、吉田神社の脇から山道を登り、いつも半ば迷った感じで「まだかなぁ」と思う頃、ひょっこりと目の前に現れる(笑)お店なのです。こちらが外観です。
画像
この建物は、新聞用紙等、紙類の運送で財をなした大正時代の実業家&茶人・谷川茂次郎という人が建てたものの一部(旧・食堂)で、彼は“町中にいながら山の中の風情を楽しむこと= 「市中の山居」”を目的に茶の湯を楽しみたいと思ったとのことで、当初は吉田山の広大な森に、茶室8席・月見台・楼閣等があったそうです。「茂庵」は谷川茂次郎の雅号です。さて、行者橋はBEERを、ありこさんは干菓子付きのお抹茶を注文!
画像
ここのお店が素敵なのは、窓の外の眺めがとても良いことです。窓からは京都市内が樹木越しに見え、のんびりしてしまいますが、飲み物類だけでなくランチもありお昼の腹ごしらえもきちんとできます。
画像
上の画面の窓際の横並びの席がBESTなのですが、今回は反対側のテーブル席でした。でも、お店の人に言っておくと空いたら移動させてもらえます。送り火の“船形”が見えたので、少しぼんやりしてますが、テーブル席から望遠で撮ってみました。
画像
天気の良い日には金閣寺の所の“左大文字”も見えます。

さて、前回、ありこさんのことをAlicoさんとしたのは、勿論、受け狙いだったのですが(笑)、ちょうど京都上空にAlicoのPRをしている飛行船が飛んでいて、それにインスパイアされたからです。
画像
拡大するとこうなります。
画像
一度は乗ってみたいです!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ありこ
2011年03月11日 09:11
度々のコメですみません。
「茂庵」、建物の作りが素敵でとても気に入りました。雰囲気も良く、ついつい長居してしまいそうでした。素敵なお店に連れて行って頂き、ありがとうございました
次回は、窓側席で語りましょう!(笑)
行者橋 渡
2011年03月12日 05:30
ありこさん、コメント有難うございます。では、次はランチのピタパンサンドでも食べながら、金閣寺の所の「左大文字」を探しましょう(笑)。