スイレン(睡蓮)・ハス(蓮)の花は以前にもUPしたのですが、京都府立植物園のものを。

以前に、平安神宮のスイレン(睡蓮:こちらをご参照下さい)と三室戸寺のハス(蓮:同じくこちらをご参照下さい)をご紹介しましたが、本日は京都府立植物園のスイレンとハスを。まずは赤紫の色が鮮やかなスイレンです。
画像


葉っぱも赤いので、絞ったら赤い染め液が取れそうです(笑)。今回ご紹介するのはすべて熱帯温室前の鏡池の熱帯スイレンですが、次の画像のようなものを見ると、花に関して知識の少ない行者橋は直ちに「オオオニバスかな」と思ってしまいます(笑)。
画像
最初の画像もそうなのですが、葉っぱの端がギザギザのスイレンもあるんですね。花弁も同じくユニークです。
画像
行者橋としては、何となく次の画像のような円い葉っぱの方がスイレンらしく感じます。
画像
こちらも「いかにもスイレンです!」という雰囲気です。
画像
何のこっちゃ!、ですが…。

続いては花ハス等を。これはしっかり開いているので、全体が良く分かります。
画像
こちらは白ですが、同じく大ぶりな花が豪華に開いています。蜂が寄って来るのも、むべなるかな。
画像
一方、開きかけの蕾ですが、それはそれでで風情があります。ハスの花っていうと、こちらのイメージを持たれる方も多いかもしれませんね。
画像
次の画像は別の場所のハスですが、ハスの実が沢山…、もらって食べたい!
画像


帰り道にヒョウタン(瓢箪)の棚に出くわしました。
画像
ヒョウタンって、色々な形のものがあるんですね。左端や右端の長いのは、言われないとヒョウタンだと思わないかも。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント