初雪の中、31期紫・S‐Ariariと瑠璃光院へ。

比叡山等にはすでに初雪が降っていた京都ですが、本日(10日)、市街地も初雪で雪化粧です。9日午後、31期紫・S‐Ariariさん(仮名)が上洛され、その夜は嵐山の花灯路2012に行ったのですが、それは後日に。本日は特別公開最終日だった八瀬(やせ)の瑠璃光院の雪模様を。最初は雪をかぶった椿です。
画像


瑠璃光院は、元々は明治期にある人の別荘があり、昭和初期に数寄屋造りの建物と広大な庭園へと大改造を受けたものの、その後荒れてしまっていたものを確か岐阜のお寺が買い取ったお寺のはずです。
画像
ですから、たたずまいもお寺というより、素敵なお庭のある由緒正しい建物という気配です。これも不確かなのですが、一時期は料亭としても利用されていたと聞いた記憶もあります。
画像
8年程前から、春・秋に特別公開されるようになった瑠璃光院ですが、紅葉のピークも過ぎ、さすがにこの雪だと訪れる人も少ないだろうと八瀬まで足を運んだ次第です。ここは山露地の庭・瑠璃の庭・臥龍の庭があるのですが、次の画像は瑠璃の庭の前で庭師の方から説明を受けている観光客です。団体でお見えになったようでした。
画像
ちなみに上の画像の“産業立国”の書は犬養毅の手になるものです。3週程前であれば、紅葉も綺麗だったと思われる瑠璃の庭も雪で真白です。
画像
屋根につもった雪がまぶしい、2階から本坊部分を見た光景です。
画像
次は馬酔木(あせび)を背景にした灯籠ですが、形がどこかの橋かお寺の縁側の擬宝珠(ぎぼし)のように思うのですが…。
画像
比叡山の山裾にあるお寺ですので、伏流水で池ができています。
画像
こちらも小さな滝があり、池には鯉が。紅葉も綺麗です。
画像
ここは色々な種類の苔があることでも知られているのですが、苔の上にも雪が。行者橋、“かき氷・宇治”を思い浮かべてしました(笑)。
画像
最後は、ボーナスショット(笑)。お庭の紅葉を撮影中のS‐Ariariさんです。
画像
S‐Ariariさんは、ご自身も卒業生なのですが、58期赤のSiki-Akaneちゃん(仮名)のお母さんでもあります。八瀬は市街地に比べると気温が3℃か4℃は低い印象でしたが、なかなか見応えのある初雪の光景でした。                 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント