「石塀小路 豆ちゃ 京都」with37期紫・Katoatsu&Mari‐SW。

3月末に37期紫・Katoatsu&Mari‐SW(ともに仮名)が上洛された折、「石塀小路の“豆ちゃ”か”シェリー倶楽部”で夕食をご一緒したいのですが、どちらが良いでしょうか」というお尋ねがあったのですが、行者橋の日本酒好きを考慮して下さり、「石塀小路 豆ちゃ 京都」に決定。まずは、天然〆さばの昆布巻きの画像から。
画像


これが実に美味!…未確認なのですが、このお店、店名とはうらはらに東京からスタートしたという話も小耳に挟みました。京都では“きずし”が一般的なのに、わざわざ“〆さば”と名乗っているのはそれと関係あるのでしょうか。お店の構えはこんな感じです。
画像
上の画像・画面左下の灯りを上から見ると、妙に可愛い感じです(笑)。
画像
その名の通り、石塀小路にあるこのお店、ロケーションは抜群です。次の画像のMari‐SWの背中側に2枚目の入り口があります。(画像提供はKatoatsuです)
画像
あらかじめ、「1時間30分位しかお時間が無いのですが」と言われていたのですが、通されたのはカウンターでした。
画像
次はお料理。ごぼうの唐揚げ・京の出汁巻き玉子トサラダです。どれも美味しくいただきましたが、ごぼうの唐揚げ・の歯応えが抜群!でした。津具は季節ものだったのですが、名前を忘れました。“桜まんじゅう”とか“桜しんじょう”とかだったのですが…(笑)。
画像
桜葉のほのかな塩味と香りがとてもGOODでしたよ。その他、ジャガイモの照り煮風、サラダ、揚げもの等、どれも美味しくいただきました。最後は板前さんと記念撮影のKatoatsu&Mari‐SWです。
画像
お酒をかなりいただいたのに、割合リーズナブルなお会計だったと思います(と、いうのもご馳走になったから不明なのですが:笑)。Katoatsu&Mari‐SW様、あらためましてご馳走様でした。このお店、前々から気になりながら少し敷居が高いかなと思って入ったことが無かったのですが、1回でお気に入りのお店になりました(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント