十三参り@虚空蔵法輪寺。

関西では4月13日を中心にし、七五三と同様に子供の多福・開運を願う十三参り(十三詣り)という行事が行われます。ですが、同時に成人儀礼であり、数え年13歳を迎えた少年・少女が厄難を祓い、知恵を授けてもらうために虚空蔵菩薩に祈願するもので、嵐山の法輪寺の十三参りが最も有名です。
画像


最初の画像が、なぜ渡月橋なのかはおいおいに(笑)。地元の人が“こくぅぞうさん”と呼ぶ虚空蔵法輪寺は、嵐山の天龍寺側から見ると渡月橋を渡った先の山の中腹にあるお寺です。阪急線嵐山駅を降りると、十三参りの親子連れが次々と。
画像
なぜ分かるかというと、十三参りは肩上げをした大人の寸法(本断ち、というそうです)の晴れ着を着るのが本来の形だからで、この日の着物姿の女の子は間違いなく…という訳です。青葉の美しい階段を登ると、目の前が本堂です。
画像
十三参りは旧暦3月13日に行うのが本筋なのですが、現在は4月13日を中心に行われており、法輪寺では前後1カ月ずつと秋に祈祷を受け付けているようです。本堂前手前に“御祈祷受付所”があります。
画像
。“知恵参り(智恵もらい)”とも呼ばれる十三参りは江戸時代中期からの行事のようですが、次の画像の画面右が本堂ですが、祈祷を待つ方々が待機中です。
画像
こちらは本式(笑)に舞妓さん姿のお嬢さんです。蛇足を付け加えますと、舞妓さんは今の小学生くらいの少女姿が基本になっています(だから、着物は肩上げがあります)ので、これは大正解なのかも。
画像
で、祈祷を受ける人は、紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆で記して供えて祈祷を受け、お守り・お供物をいただいて帰ります。次の画像は“踊”の文字でした。
画像
ヒップホップでしょうか、バレエでしょうか(笑)。次の画像は、残っている桜と法輪寺の多宝塔を背景に記念写真を撮る十三参りの方々です。
画像
そして、参詣を終わって帰路につく訳ですが、ここからが大変(笑)。というのも、「本殿を出た後、鳥居をくぐるまで」あるいは「渡月橋を渡る時、渡り終えるまで」は“周囲の誘いにも動じないで、後ろを振り向かず歩き通さなくては授かった知恵を返さなければならない”という言い伝えがあるからです。ということで、最初の画像が渡月橋だったのですね(笑)。
画像
上の画像は男の子も女の子も十三参りの人でしたが、ここで渡月橋の標柱を背景にこちら向きに記念撮影をしておられました。大丈夫なのかなぁ(笑)。そして最後の画像は、「ここからだよね」と言いながら、渡月橋を渡って行ったお嬢さんです。
画像
昔は、親戚縁者が後ろを振り向かせようと、わざとあれこれ気をひくような言葉を掛けたそうですが、今はみんなで応援するぞ!という気配です。この日はお天気も良く、土曜日ということもあって、行者橋がいた30分ほどの間にも大勢の方が渡月橋を渡って帰って行かれました。この日を狙って、嵐山まで往復した甲斐がありました(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント