重森三玲の作庭:東福寺方丈の4つの庭園。

紅葉の季節の通天橋で有名な東福寺は、寺名が「東大寺」と「興福寺」から1字ずつ採られているように、建物等の規模の大きさでも知られています。俗に“東福寺の伽藍面:がらんづら”と呼ばれる所以です。で、今回は東福寺方丈の四方に配された庭園のご紹介です。まずは北庭の市松模様。
画像


本来、方丈は禅宗寺院で住職の小居室を意味したようですが、次第に本堂・客殿を兼ねて大きな建物になっていきます。1890(明治23)年再建の東福寺方丈は珍しく東西南北に庭園があり、1938(昭和13)年に近代の庭園家・重森三玲(しげもり みれい)が作庭しました。次は拝観入口側から見たメインの南庭。
画像
重森三玲の作庭の特色である“立石”を生かした枯山水庭園です。こちらが方丈の西端から見た画像。全体で道教でいう神仙境を、砂紋は荒れた大海を、巨石は蓬莢(ほうらい)・方丈・瀛洲(えいじゅう)、壺梁(こうりょう)という仙人の住む4つの島を表現しているそうです。
画像
上の画像の芝生の部分(西側)は、築山で五山を表現したということですが、大和絵の屏風の柔らかさが感じられます。なお、上2つの画像にある桧皮葺の唐破風門は、1909(明治42)年に造営され、昭憲皇太后(明治天皇の皇后・美子)から下賜された恩賜門です。次は西庭です。
画像
サツキの刈込みと砂地の大きな市松模様に加え、細い石で井田を表現した“井田市松”の庭です。 そして、次は最初の画像・市松模様の北庭ですが、少し広い画像はこうなります。石は恩賜門内の敷石を利用したとか。
画像
手前に来るにつれて、市松模様が崩れてくる感じがとても素晴らしいと思います。北庭を続けて眺めるとこうした光景になります。
画像
こちらが東庭。実は拝観入り口から歩くと、右側に最初に目に入って来る雲文様地割のお庭です。石は東司(とうす:トイレのこと)の柱石の余材を利用して北斗七星を表現しています。
画像
重森三玲・作のこの方丈庭園は“八相の庭”と命名され、お釈迦様の成道(じょうどう:悟りを開いて仏になること)を示しているそうです。行者橋、4つの庭の中では重森三玲庭園美術館(旧邸)の“銀と青の市松模様と波”を思い出させる西庭の大きな市松模様と全体の構成が好みです。

東福寺は、鎌倉時代の1236(嘉禎2)年に2回目の摂政に就き権力を誇っていた九条道家が発願して建てられたお寺ですが、九条通と東大路通の交差点、京都市街の東南隅にあります。国宝の三門等少数の建物以外は近代以降の建物がほとんどです。最後は、仏殿(本堂)の天井に描かれた堂本印象が描いた龍(体長54m・胴廻り6.2m)の図です。
画像
仏殿(本堂)は、起工から竣工まで17年を要し1934(昭和9)年に再建・復興された和の木造建築中最大の建物とのこと。内部は禅式床瓦敷、正面須弥壇上に本尊釈迦立像、脇に摩訶迦葉尊者・阿南尊者、四天王が見えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント