馬の神社の“しんしん祭”@藤森神社。

毎年11月の「エリザベス女王杯」の翌日(第2or第3月曜日)に、藤森(ふじのもり)神社で“駪駪祭:しんしんさい”という行事が行われます。“馬”偏に“先”という見慣れない漢字ですが、意味は「多い、動物が群れ集まること。英語でcrowd」となるようです。最初は、神事が始まる直前の画像です。
画像


藤森神社の入口には「勝運 馬の杜」と大きく書かれています。行者橋、知らなかったのですが、次の画像の石鳥居は近藤勇にも若干ゆかりのあるものだそうです。
画像
最初の画像のテントの中には、氏子総代他、地域の方々、駈馬神事(かけうましんじ:こちらをご参照下さい)の関係者等が座っていらっしゃいます。神職の方が、「馬の神社ですので、午の刻、正午ピッタリに始めます。あと、2分お待ち下さい」と仰っていた通り、12時ジャストに厳かに神事開始です。
画像
神事そのものは20分弱ですが、楽人の雅楽演奏もあり、本格的でした。最後は宮司さんがご挨拶です。
画像
それによると、以前はJRAの騎手等も参加して賑々しく行われていたようですが、今は地域の方々とファンの皆様とでひっそり(笑)と…とのこと。で、ファンの皆様のお目当ては、JRAの騎手のサイン入り色紙他の抽選会。こちらが、今年、サインを下さった騎手のリスト。
画像
抽選券は、始まる前にお守り等を買うといただけます。行者橋はサイン入り色紙が欲しい!という程の者ではありませんので、心穏やかに見物です(笑)。
画像
司会進行は、お懐かしや!…青芝フックさんです。若い方はご存知無いでしょうが、「漫画トリオ」「青芝フック・キック」で活躍した漫才師です。どうも、抽選券は全部で34枚だったようですが、最初の当選者はファンの若い女性でした。
画像
基本は3人の騎手のサイン入り色紙が入っているようですが、ウィンドブレーカーやクオカードが入っている袋もあるようでした。(確か)10袋の当選者が決定し、抽選会は終了。関係者の皆さんは、直会(なおらい)に。ということで、行者橋は境内の菊等を見物です。
画像
これは以前にもUPしましたが、立派な馬の銅像。
画像
また、絵馬堂には古い絵馬の他、トーカイテイオー・ナリタブライアン等の絵馬も。
画像
珍しい行事ですが、騎手のサイン入り色紙の欲しい競馬ファンの方にとっては穴場!と言えそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント