超Lucky!…黄色い矢を…!@智積院「青葉まつり」。

京都の東大路通と七条通りがぶつかる所にある智積院では、6月15日に「青葉まつり」が行われます。当日は様々な行事が続くのですが、その1つに「柴燈護摩供(さいとうごまく・柴燈護摩法要とも)があります。その中の、四方と中央に矢を放つ儀式で南方に放たれ黄色い矢をGETしましたので、その画像から。
画像


最初の画像は矢を拾った後、カエデ(楓)の葉の上に置いて撮影したものです。矢の先には当たっても怪我をしないように、発泡スチロールの丸い玉がついています。次の画像は、「柴燈護摩供」の行われる場所(道場)。大屋根は本堂です。
画像
「青葉まつり」の正式名は「両祖大師御生誕慶祝法要」というようですが、宗祖・弘法大師(空海=6月15日生まれ)と中興の祖・興教大師(覚鑁:かくばん=6月17日生まれ)の生誕を祝う行事です。続いては、一連の儀式の途中の様子ですが、護摩壇の前で大きな斧を振りおろしている場面。
画像
続いては、四方と中央の護摩壇(東=緑、南=黄、西=紫、北=白、中央=赤の矢)に矢を放つ場面の様子。これは南方=黄です。
画像
行者橋、上の画像を撮影した後、山伏さんが同じ動作を3度繰り返す間に、素早く矢の落下点近くに走り(笑)、運よく目の前に落ちてきた矢をGETした次第ですが、実にLuckyでした。色々な儀式が続く中、いよいよ大松明に火が点けられ、その前で願文を読み上げます。
画像
ついに護摩壇に大松明を差し込みます。次の画像の奥の赤い傘の下に座っていらっしゃるのは、管長さんです。
画像
火が点くと、一気にもうもうと白煙が上がります。
画像
途中から護摩木が投げ入れられ、長い間、炎が燃え上がるのですが、山伏さんがお札等を炎にかざしてお加持を続けます。
画像
こちらは、お加持を終えたお札を信者さんにお分けしている画像。お代は1000円ですが、「青葉まつり・特別仕様」のアイテムですので、皆様、次々と…。
画像
そのうちに、「かばん等もお加持をしますよ。旅の安全をしましょう」等と、山伏さんが仰って次々と炎にかざして下さいます。次の画像の山伏さんが手に持っていらっしゃるのが、参拝客の皆様のかばん等です。
画像
行者橋も、チャッカリいつものかばんと黄色の矢を預けて、お加持を受けました。
画像
お名前は存じ上げませんが、山伏様、有難うございました。ということで、気分良く帰り道に。…と、目の前に白い矢を持った少女が!
画像
ご本人とお母様(右にチラッと写っている方)のご了解を得て、撮影&UPさせていただきました。お互い様、Luckyでしたね(笑)。ご協力有難うございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

HATA母
2014年06月15日 21:30
おめでとうございます。
今年の後半は強運で過ごせるのでは?
素晴らしいですね。
ご同輩?のお嬢ちゃまかわいいですね!
行者橋 渡
2014年06月18日 14:47
HATA母様、有難うございます。この後、6月30日の夏越の祓(はごしのはらえ)で、前半戦の厄を落として、頑張りたいと思います(笑)。