町家に泊まるには…③:庵・和泉屋町篇。

久し振りの町家「庵」の宿のご紹介です。場所は木屋町仏光寺下ルということで、鴨川に面した所にあります。まずは道路から入ったアプローチの画像。木屋町からは知っていても通り過ぎそうな感じなのですが、路地の奥にこうした細い通路が。
画像


上の画像の白壁の蔵のような所を入ると、こちらが玄関です。写っているのは、58期赤のFlute-Y(仮名)です。
画像
細い廊下があって、次の画像左手に簡単なキッチンがあります。
画像
こちらがそのキッチン。
画像
1階のリビング部分。電気を点けていないので暗いのですが、左は2階に上がる階段です。
画像
こんな感じでのリビングです。
画像
障子と窓を開けると、目の前に鴨川が。民家に許された短い川床も。
画像
そしてお風呂は檜風呂です。
画像
2階は寝室になるのですが、こちらが鴨川側の寝室。
画像
次は木屋町側(玄関側)の虫籠窓のある寝室。
画像
もう1つ、狭い部屋にベッドもあります。
画像
トイレは1階にも2階にもあるのですが、こちらはシャワールームと一緒です。
画像
こちらが1階だったかな(笑)。
画像
ここは6人まで泊まれますが、結構、お値段は張ります。9月に外国のお客様が来るので、宿を紹介してほしいと37期紫の卒業生からいわれたので、他の食事も着く和風旅館と合わせてご紹介したら、ここが良いとのことでした。

昨年、京都を訪れた観光客は5162万人、そのうち外国の方が113万人で、過去最高とか。京都市の人口は147万人余りですので、凄い数だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

しづ
2014年06月22日 18:32
三月に源氏講座の仲間六人で泊まりました。鴨川に面していて、本当に気持ちがよく、講座の勉強をしたり、皆でおしゃべりをしたり、京都ライフを満喫しました。講座の旅行は毎年庵の町家を利用するのですが、団体旅行の時は、ここに泊まったらもうホテルには泊まれません。
行者橋 渡
2014年06月22日 20:48
しづ様、コメント有難うございます。お嬢さんの同期のFluet-Yからお話は伺っておりました。確かに、鴨川に面した2軒はグループで宿泊するのにピッタリですね。ただ、費用が…という訳で、誰にでもお薦めできる宿じゃないのが、唯一の難点です(笑)。