六本木の蕎麦の「真希」で久し振りに“鯖味噌煮”をいただく!

卒業生を脅して(嘘ですよ:笑)サントリー美術館の「徒然草 美術で楽しむ古典文学」のチケットをGETしたので、6月の上京中に六本木に。丁度、お昼時だったので、六本木交差点から程近い「真希(しんき)」へ。メニューを見て、さんざん迷ったのですが、“日替わりランチ 鯖味噌煮”(800円)に決定!まずはその画像から。
画像


行者橋、京都では自炊をしておりますが、魚の煮物にはなかなか手が出ません(笑)。ということで、本当に久々の“鯖の味噌煮”でした。この「真希」は六本木交差点から乃木坂方向に少し行った所のビルの2階にあるお店です。
画像
上の画像の「三菱東京UFJ銀行」が六本木交差点の角です。正式には「そば真希六本木1号店」というようですが、便宜上、「真希」で通します。夜は居酒屋として賑います。細い階段を上がるとお店です。
画像
東京にいた頃は、六本木にある映画会社の試写会や俳優座劇場のお芝居を観るためにしばしば足を運びましたので、この「真希」も良く利用しました。こちらが階段の下にあるメニューの画像。
画像
1番上“真希そば”のスタイルは“へぎそば”の感じですが、“ふのり”は入っていないと思います。こちらがランチメニュー。
画像
“ねぎとろ丼”にするか“かきあげ丼”にするか、迷ったのですね(笑)。次の画像が入口の様子。これで“鯖の味噌煮”に決定した訳です(笑)。
画像
次の画像は店内の様子。丁度、付近のお客様が帰ったタイミングをはかって撮影。場所柄か、外国の方がお蕎麦をすすっていらっしゃいました。
画像
こちらは夜の居酒屋のメニュー。勿論、お蕎麦も食べられますから、便利です。この日はお昼でしたのでBEERも断念しましたが、いつかまたお酒を…と、決意も新た!
画像
ということで、「真希」を後にしました。中野・吉祥寺・渋谷にもあって便利なお店です。

その後、すぐ近くの東京ミッドタウンへ。行者橋、高校時代に“名を聞くより”という「徒然草」第71段を読んで、現代語訳ながら2日間で全段を読破して以来、「徒然草」のファン(笑)なのですが、実はそんなに期待はしていませんでした(笑)。
画像
だったのですが、海北友松(かいほう ゆうしょう)の子・友雪の「徒然草絵巻」20巻をサントリー美術館が購入したとのことで、特別展が開かれたようです。思いのほか、見応えがあり、GOOD!…お見それしました。申し訳ない!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント