東京酒飲み日記:41期丙午の青・Akinackey家で“エレベーター”他をご馳走になる!

6月の上京は2泊3日だったのですが、京都を出た日の夜は41期丙午の青のAkinackey(仮名)家を襲撃、もとい、“家庭訪問”(笑)。銀座で試写を2本観た後、有楽町線某駅に到着。ご主人が車でお迎えに来て下さり、お家へ。もう何度目の“家庭訪問”かなぁ(笑)。で、まずは最初にいただいたお料理から。
画像


軽く焼いたフランスパンの薄切の上にアボカドと海老のブツ切りを和えたものをのせたカナッペ(かな:笑)。プリプリの海老が美味!続いては、春巻き2種。酢醤油でいただいたのですが、どちらもGOOD!
画像
そしてサラダ(トマト2種・水菜・胡瓜・レッドオニオン・豆&サーモン)。行者橋にはたっぷりなお野菜が有難い1品です。最初の話題は、なぜか息子さんのクラブ活動にちなんだ内容に。親があれこれ口出ししないことが大事!という結論で決着(笑)。
画像
そして、刻んだ玉葱をベースにした少しだけ辛味のあるソースをかけた、鶏肉の酒蒸し(だと思いますが、軽くローストしていたかも:笑)。行者橋も良く似た酒蒸しを作りますが、完敗!の味でした。
画像
以上が、ドオォーンと勢揃い!…暑い日だったので「取りあえずBEER」で乾杯。
画像
思えば、Akinackeyが結婚して以来、同期の面々とあるいは1人でAkinackey家を襲撃、もとい、“家庭訪問”してきましたものです。今、気づいたのですが、“家庭訪問”する卒業生はみんな、料理上手!早々にBEERを切り上げ、日本酒へ。銘柄は福井の銘酒「黒龍 純米吟醸」。
画像
お2人とも阪神タイガースファンのご夫妻なのですが、行者橋のために広島東洋カープの試合をTVで時々観戦しながら、昔話やお子様の成長の様子やお嬢さんの修学旅行でのエピソードをうかがったりして、アッという間に、4合瓶が空に。

で、もう十分だったのですが、後半戦のお料理が。次は“へしこ”だったか“干物”だったかの上に、確か雲丹をのっけて焼いたもの。美味しかったのですが、このあたり記憶が…。
画像
続いて、豆腐にちりめんじゃこ・若布等を乗せてもの。あっさりとした1品で、お酒が進みます。
画像
で、記憶に間違いが無ければ(笑)、この前後にご主人がお酒の追加を買いに行って下さった気配が…。次はベーコンのグラタン風の熱々をパンにのせていただきました。行者橋好みの味でした。
画像
で、これが“エレベーター”。「これって、京都では“エレベーター”という名前で出す居酒屋さんがあるよ」「えっ、どうしてですか」というやりとりが。
画像
「これは、油揚げを炙って、大根おろしをかけたものだよね」「そうですが…」「(油)揚げ=上げ、(大根)おろし=下ろし、だから“上げ下ろし”=“エレベーター”なんだって」「…なるほど…」…いや、本当んあるんですよ。駄洒落の命名ですが。そして、胡瓜の胡麻たたき。
画像
こうやって並べてみると、後半戦は概ね酒飲みにピッタリの軽い肴で、行者橋にも作れそうです。初期の“家庭訪問”時には、まだ小学生だったお嬢さんももう大学生で、今や1人住まいとか。往時茫々の感を強くします。最後に、お2人を。
画像
「私、48歳なので、名字を略すとAKB48です(笑)」「そういえば、去年は俺がAKB48だったなぁ」等と与太を飛ばしながら、ご馳走をいただいたのですが、次回は昔のように同期を集めて“友情DRINK”を飲みましょう(笑)。本当にご馳走になりました。心から感謝申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Nackey
2014年06月23日 17:36
先週は遠くまで家庭訪問していただき、お疲れさまでした。相変わらず大変愉快な時間でした!
今回、まさかのメニューアップでびっくり。もっと見栄え良く作れば良かった…(^^;;
後半は、きっとむらかも覚えてないだろうとどさくさに紛れて作ったものなのに、しっかりコメントされていて驚いてます(笑)

次回は、懐かしのわいち含め、定例会のみんなに声かけておきますので、久々盛大にやりましょう^^

そして、なんとしても今年夏の松山に行きたいと思っていますので、念願叶った際には、もろもろ??よろしくお願いします!
行者橋 渡
2014年06月24日 13:34
Nackey様、コメント有難うございます。本当にご馳走になりました。酔っ払っていても、美味しい物はチャンと記憶出来るものです(笑)。次回の大集合!期待しています。なお、松山が実現したら、是非、日程・場所をお知らせ下さい。上手くいけば、四国に帰るのを調整して、応援できるかもしれませんので。