朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡

アクセスカウンタ

zoom RSS 女房のお墓参り代わりに、東大谷万灯会に出かけてきました。

<<   作成日時 : 2014/08/19 12:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

親鸞を宗祖とする浄土真宗は、ご存知の通り、浄土真宗本願寺派(西本願寺)・真宗大谷派(東本願寺)以下、多くの宗派に分かれていますが、本日は東本願寺のEVENT・東大谷万灯会(ひがしおおたに まんとうえ)のご紹介です。まずは、東大谷墓地のかなり上の方から眺めた京都タワーと八坂の塔(法観寺)の画像から。
画像


この東大谷万灯会は、毎年、大谷祖廟と東大谷墓地で8月14日から3日間開催されるのですが、暑いお盆の時期に涼しい夜にもお参りができるよう、参拝者の足元を照らす提灯を灯したことから始まったそうで、今年で53回目とか。
画像
上の画像右が大谷祖廟の入り口。左の石鳥居は八坂神社南門前の鳥居です。提灯の並ぶ参道を歩いていくと総門が見えてきます。
画像
総門をくぐると、すぐに次の画像のように本堂がありますが、提灯の下には大谷保育協会京都支部に加盟の幼稚園・保育園の園児等が描いた“こども提灯”も。
画像
こちらがその1つ。お釈迦様でしょうね。
画像
そして、宗祖・親鸞のお墓である御廟に向かったのですが、そこに至る階段にこんな張り紙が。
画像
こちらが、御廟です。
画像
階段を下りて、隣接する東大谷墓地へ。次は、19時直前に墓地全体を見上げた画像ですが、空の黒いゴミのように見える点々は烏の集団です(笑)。
画像
墓地全体に灯もされる提灯は約10000とか。
画像
こちらが、献灯用の提灯。志納2500円です。
画像
次は最も高い場所から撮影した画像。中央の森の明るい所は高台寺。その右奥に八坂の塔(法観寺)、さらに奥に京都タワーが見えます。
画像
ということで、最初の画像に続く訳ですが、かなり急な階段の続く墓地ですので、高齢の方には大変だろうと思います。
画像
最後の画像は、入り口に続く参道ですが、19時40分頃でもう真っ暗。
画像
行者橋の女房のお墓は西本願寺系の西多摩霊園にあるのですが、同じ宗祖ということで勘弁していただこうと思い、最も高い位置で手を合わせておきました(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女房のお墓参り代わりに、東大谷万灯会に出かけてきました。 朝は知恩院でラジオ体操!(の気分):by行者橋 渡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる