本日は“えいでん八瀬駅地ビール祭り”のご報告です(笑):2015年8月29日。

またまた、電車の中でBEERです。電車は「えいでん」(叡電)の名で京都の人々に愛されている叡山電車。出町柳駅から八瀬比叡山口駅(以下、八瀬と略)までの車内でBEER!…まずは、電車の中でいただいたBEERの画像から。
画像


最初の画像左は一乗寺ブリュワリーの“甘夏ブラック”。黒BEERの苦味に爽やかな甘夏の香りが良くマッチしていました。右は岩手県盛岡市のベアレン醸造所の“べアレンクラシック”。ラガータイプですが、すっきりと軽やかな味でした。次は出発前のBEER電車、手前の2両編成です。
画像
今回のEVENTは「八瀬の駅のホームでBEERと食べ物を楽しむ」のが基本ですので、電車の中で飲まなきゃいけないという訳ではありませんが、乗車後すぐにBEERをGETすることも可能です。
画像
こちらは前の車両で、真ん中にテーブルがあるので座れます。
画像
そして、こちらは後ろの車両で、立ち飲み席が両側に。左の人の列はBEERを待つ方々。
画像
通常でも10数分で終着駅に着きますが、この日は臨時ダイヤなのでノンストップかなと思ったら、各駅に停車。駅員さんに伺うと、叡電は必ず駅に停車する仕組みになっているとか。線路脇や駅のそこここに“撮り鉄”の皆様が。
画像
で、アッという間に八瀬に到着。ホームにはいろいろなお店が。こちらはたこ焼き。
画像
上の画像の左の方は、ジェンヌさんのように前髪が立っていて服装もタキシード風。電車に乗り込んできた時は、本物のジェンヌさんかと思ったのですが、声を聞いたら男性でした(笑い)。こちらは岩手県のBEERのあれこれ。
画像
こちらは一乗寺ブュルワリーのコーナー。ここのBEERは果実を混ぜたりして、とても多彩です。“ももくろ”なんていうのもあったはず(笑:桃の入った黒BEERです)。手前の方は電車の中でもBEERをサーブされていました。
画像
ホームは出入り自由だったので、外へ。駅舎を撮影したり、駅前のお土産屋さんで、しば漬けを試食したり…。
画像
そばを流れる高野川では、家族連れが魚を獲ったり泳いだり…と、土曜日の午後を楽しんでいらっしゃいました。
画像
結局、ホームでは行列が続いていたので、行者橋は追加のBEERと食べ物をあっさりと断念(笑)。最後の画像は、当日使った“地ビール電車チケット”=1200円。
画像
往復の交通費(260円×2)とBEER2杯分(500円×2)分ですので、お得でした。叡電も洒落たことを…と思ったのですが、考えてみれば叡山電鉄も今はEVENT電車でお馴染みの京阪電鉄傘下の会社でしたね。納得!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

miyasan
2015年08月30日 18:27
(笑)・・・飲める場しよに先生有り・・ですね。
美味しい空気と電車にビール!
好きな方には最高の場所です。

今! 京都のホテルです。
明日の天気を心配しなから部屋から外を見ています。
鵜飼に行きたいですね。。。
行者橋 渡
2015年08月30日 18:39
はい、おっしゃる通り、“酒ある所に、行者橋あり”です(笑)。明日は夕刻から雨の予報ですが、大した雨ではなさそうですので、鵜飼を楽しめると思いますよ。