お待たせしました(笑)、八朔の舞妓さん・芸妓さんの様子を。

恒例!…祇園の八朔(はっさく)の様子をお届けします。12月13日の事始め同様に、8月1日には祇園のあちこちで祇園甲部の舞妓さん・芸妓さんが、踊りのお師匠さん・井上八千代さん邸やお茶屋さんにご挨拶する様子が見られます。まずは、こちらの画像から。
画像


数の多い祇園甲部の舞妓さん・芸妓さんのお名前は、上七軒の皆様以上に不案内ですので、申し訳ないことですが割愛。猛暑とあって、行者橋は四条花見小路角近くのアーケード下や他の日蔭で待機です。
画像
上の画像は「かぼちゃのたね」(原了郭ビル)前でのもので、信号待ちの間に撮影大会風な状況になったもの。次も同じ場所で、奥に「鍵善良房」が見えます。
画像
次は、上の画像の後ろのお2人。以前、TVで舞妓さんが「他で汗はかいても、顔にはかきません」と仰っていましたが、着物姿で相当暑いはずなのに汗は見受けられませんでした。
画像
こちらは、富永町「おかる」の西側のお店に立ち寄ろうとする場面の芸妓さんお2人。実は、右の方の蔭に最初の画像の舞妓さんもいらっしゃっるのですが…。
画像
富永町には、チョッと用事があって動いていたのですが、たまたまお3方をお見掛けしたので、少し追いかけることに(笑)。で、またまた原了郭ビルの前で。
画像
またまた、信号待ちの時の様子です。後ろ姿が上の画像の芸妓さんで、真ん中が最初の画像の舞妓さん。タイミングが良ければ、かなりの撮影ができる場所です。
画像
時間が11時少し前だったので、皆様、井上八千代さん邸方向からの帰り道なのですが、このお3方が横断歩道上でお茶屋のお母さんと思しき方とご挨拶。
画像
無論、青信号での場面なのですが、見ている行者橋が心配になるほど結構長いご挨拶が続きました(笑)。30分程撮影したので、井上八千代さん邸あたりを確認しつつ(笑)、マンションに帰ることに。
画像
上の画像は、祇園町北側のとあるビルの前で談笑していた4人の舞妓さんが移動する場面。そのまま、富永町を西に縄手通(大和大路通)方向に。
画像
上の画像は、祇園切通との角でのもの。数多くのカメラマンがかなり接近して撮影するのを煩わしく思って、お茶屋さんから直接TAXIで帰られる舞妓さん・芸妓さんも。
画像
そのまま縄手通を北上すると、大和橋の手前で井上八千代さん邸方向からの帰り道と思しき方々が。舞妓さん・芸妓さんは褄(つま)を取るので、日傘を差す訳にはいかないのでしょうね。
画像
新門前通の井上八千代さん邸に回ろうと思ったら、道路を塞ぐ形で高級カメラ軍団の皆様が待機中だったので、白川南通に引き返すことに。と、新橋通との合流点近くで…。
画像
辰巳大明神の手前なのですが、大勢のカメラマンを引き連れる形です。土曜日だったので、カメラ教室的な方々も多数。井上八千代さん邸前、巽橋&辰巳大明神近辺、「一力」前は大混雑。
画像
祇園一帯はカメラマンだらけだったのですが、特に「一力」前は外国人観光客も多く、本来は「WINS京都」の交通整理の警備員が汗だくで車や人の通路の確保をする状況でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント