しつこく、お酒の話題です(笑)…本日はキリンビール神戸工場見学!

今回の見学先はバスツアーの続きなのですが、キリンビ-ル神戸工場。場所は先日UPした「めんたいパーク神戸三田」のお隣といっても良い山の中です。まずは、サントリー京都ビール工場の時と同様にBEERをサーブして下さった係の方の画像から(笑)。
画像


キリンビ-ル神戸工場の一角にキリンビアパーク神戸と呼ばれるゾーンがあるのですが、こちらが入り口。
画像
上の画像のバスの蔭には、金色の“出逢い麒麟”像とPR用だと思われるバスがありました。
画像
工場見学ツアーは13時から。次の画像には糖化窯が見えますが、右のホップを模(かたど)った取っ手のある扉を入るとSTARTです。
画像
で、キリンビールの場合は、ビール製造過程に従って、各段階ごとに次々と違う部屋(ゾーン)に入り映像スクリーンで説明されます。こちらは原料篇。
画像
で、基本的には「一番搾り」の行程が紹介されるのですが、こちらは濾過槽・煮沸槽、等。
画像
行者橋、「一番搾りを説明するのなら、お湯を入れて作る二番搾りと飲み比べをしたいなぁ」と思っていたのですが、流石、力を入れているだけあって、しっかり用意されていました。左・一番搾り、右・二番搾りです。
画像
当然のことながら、色合いもコクも風味も全く違いました(笑)。で、缶BEERの製造過程は点検中で稼働していませんでしたが、瓶BEER(おそらく、キリンラガー:といっても生BEERなのですが)が動いていました。
画像
ということで、いよいよ試飲です。まずは行者橋がいただいたBEERの画像を。左・一番搾り、右・一番搾りSTOUT。
画像
試飲会場はこんな感じです。勿論、ドライバーやお子達のためにはノンアルコールBEERやソフトドリンクも用意されています。
画像
最初の画像は、一番搾りのサーバー前ですが、こちらはハートランドと一番搾りSTOUT。
画像
行者橋、実は最初にハートランドをいただいたのですが、“飲み気”に走ってしまい、迂闊にも画像を撮るのを忘れていました(笑)。ほかのテーブルでは、キリンラガーの瓶BEERを楽しみ方々もいらっしゃいました。
画像
3杯限定なので止む無く断念しましたが、“キリンクラシックラガー”だったら、ズルして4つめに走ったかも(笑)。で、試飲が終わると、グッズ販売ゾーンのキリンファクトリショップへ。
画像
工場限定のジャイアントプリッツ<マスタード&ソーセージ味>(1080円)等、魅力的な物もあったのですが、ラベルコースターセット(850円)とキリンラベルTシャツ(2300円)の前で、10分程悩みました(笑)。
画像
ですが、結局、また今度来ることもあるだろうからと思い、こちらも断念しました。帰り道に、ラガーバスが見えました。次に来る時は神戸電鉄三田駅から、このラガーバスの乗って来たいと思います。
画像
アサヒビールは吹田に見学のできる工場があるのですが、スーパードライはチョッと苦手で、サッポロビールは関西に工場が無いので、やっぱりキリンかサントリーですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

さだ
2015年09月01日 11:38
私もクラッシックラガーが好きです!
でもあまり売っていないんですよね~
miyasan
2015年09月01日 20:39
このままでは、ビールブロクになってしまいますよ(笑) 蒸し暑い中では冷たいビールが飲みたく成るでしょうね!!

京都三日目の夜です。雨がすごかったですね!!
昨夜は雨も上がり無事に鵜飼も見に行ってきました。昼間の雨が影響してお客も少なくて見やすかったです。
こちらが乗った船は五人だけと・・、ほぼ貸切状態でした。
涼しく快適な鵜飼でした。
行者橋 渡
2015年09月02日 17:57
さだ様、そうなんですね。今やラガービールは、キリンクラシックラガーと料飲店向けのサッポロラガービール(通称、赤星)、それに北海道だけで販売しているサッポロクラシックの3種類しか無いんですよね。キリンクラシックラガーは、ご指摘のようにあまり販売していなくて困っております。行者橋行きつけの高倉錦の松川酒店では、赤星の瓶とキリンクラシックラガーの缶はあるのですが、キリンの方の瓶が無いので、瓶BEER好きの行者橋としてはとても残念に思っております。
行者橋 渡
2015年09月02日 18:01
miyasan様、仰る通りでございます。まだ、日本酒篇が残っているのですが…(笑)。所で、鵜飼を無事に鑑賞できて何よりでしたねぇ。いや、本当に羨ましい!