実は結構涼しかったのですが、東銀座「海遊山楽 ゆう 銀座店で暑気払い!:東京酒飲み日記。

行者橋、毎月1回だけ東京で映画倫理委員会(映倫)年少者映画審議会の仕事をしております。で、その委員のの皆様と時々、酒宴を開いて親交を深めているのですが、今回はそのご報告。まずは、当日の肴でひときわ気に入った“蝦夷めばるの一本焼”(のはず:笑)の画像から。
画像


今回は「今年も暑気払いを!」と企画された宴ですが、8月には定例の会が無いので、9月になった次第です。お店は「海遊山楽 ゆう 銀座店」(以下、「ゆう」)。こちらが入り口。17時の開店直前に強引に入店(笑)。
画像
階段を下りると日本酒好きには期待大!のそこはかとない風情が…。さらに上がり框(がまち)にある冷蔵庫には「而今:じこん」「獺祭:だっさい」「田酒:でんしゅ」「神亀:しんかめ」「川鶴」「〆張鶴:しめはりつる 純」等の銘酒が。
画像
でも今回は飲み放題なので、これらはOUTなんでしょうね(笑)。次の画像は前菜の旬の彩り三点盛り”。おひたしや貝柱等でしたが、どれも美味!
画像
そして、飲み放題の銘柄は「一ノ蔵」「玉乃光」等5種。こんな感じでクラッシュアイス上の1つの杯にお酒が溢れるようにサーブされます。
画像
酒飲みが多いので直ぐ片口が空いて、この形は場所を取るばかり(笑)。冷やしたお酒を片口であっさりとドンドン出してもらえれば十分なのですが…(笑)。
画像
で、上の画像は“本鮪中トロと本日の鮮魚の盛り合わせ”。そして、次が“鴨ロースのサラダ仕立て マスタードソース”。お料理はどれも美味で、お酒が進むこと進むこと…。
画像
その次が、最初の“蝦夷めばるの一本焼”(のはず:笑)。1人1匹。最初、のどぐろかと思ったのですが、違うなぁ…と。普段、自分では焼き魚を作らないこともあって、美味しさ倍増(笑)。次は“ 秋鮭と根菜の煮物 酒粕仕立て”。
画像
行者橋、粕汁は苦手なのですが、鮭も里芋(子芋)も美味しくいただきました(笑)。で、こちらが“胡桃豆腐と茄子の揚げ出し そばの実あんかけ”(のはず:笑)。これまた、パクパクと…(笑)。
画像
で、シメのご飯は“秋刀魚の棒寿司”。正直なところ、葱・大葉・菊の花弁は「まぁ無くもがな」という印象でしたが…。この後にデザートもあって、お1人様6000円(お料理4000円・飲み放題2000円)。「
画像
ということで、「冷蔵庫の銘酒を1つくらいは入れてほしかったな」等、お酒に関する注文はアレコレとあるのですが、「お料理はOK!…銀座ということ考えれば、まぁ納得なのかなぁ」の暑気払いでした(笑)。幹事様、有難うございました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント