「伏見の清酒まつりin大手筋商店街」のおちょこは小さい!…んじゃないの(笑):後篇。

「伏見の清酒まつりin大手筋商店街」の続きです。最初は、「富翁」(北川本家)でお酒をいただく美女の画像から。いや、この時に知り合った方にお許しを得てUPしています(笑)。
画像


後篇最初のブースは「松竹梅」(宝酒造)です。“特選松竹梅<大吟醸>”と“特選松竹梅山田錦<特別純米>”がともに100円。いやぁ、両方とも1升瓶で2000円チョッと見当のお値段ではありますが、やはりチケット1枚は嬉しい。
画像
次は「阿津満寿司」だったかな。お寿司がどれも美味しそうで魅力的だったのですが、PASS。今回は、お酒1筋の行者橋です(笑)。
画像
続いては、「招徳」(招徳酒造)です。“花洛”という銘柄がメインでしたが、京都産米と京都の水で醸造したお酒です。
画像
そして、「月の桂」(増田德兵衛商店)。お馴染みの“にごり酒”も出品されています。ヒゲの社長さんがお見えにならず、残念でした(笑)。
画像
そして、背中合わせのブースの「京姫」(京姫酒造)。行者橋、今回は“原酒”をターゲットにしたので、これまたPASSしました。
画像
常時、伏見全蔵のお酒を扱いカウンターで飲むこともできる「吟醸酒房 油長(あぶらちょう)」にもお客様が多数。
画像
錦市場のEVENTだったら、この辺りに無料のお水のコーナーがあるんだけどなぁと思いながら、さらに進むと、「玉乃光」(玉乃光酒造」が。
画像
チョッとピン甘で申し訳ない。次は「黄桜」(黄桜)。次の画像左の燗酒を含めて、100円と200円のみで7種類のラインナップ。さすが、大メーカー(笑)。
画像
次は、このEVENTには参加していなかったお惣菜屋さん。オープニングセールとかで半額商品が勢揃い。普段、お惣菜は買わない行者橋ですが、そのお値段にひかれて夜のご飯のおかずに春巻等を買い求めました。
画像
次は再び「富翁」。最初の画像のブースです。
画像
ここまで来ると、アーケードが切れる東端になります。で、今、気づいたのですが最後のブース「月桂冠」の画像を忘れました!…申し訳ないことです。
画像
最後の画像は、今回の伏見のおちょこ(3勺=54ml)と錦市場でのEVENTのおちょこ。右2つは錦市場です。錦市場も去年(真ん中)は少し小さくなったのですが、それでも伏見のおちょこがスッポリ入ります。
画像
タイトルに誤りはありません(笑)。小さなおちょこは量が少ないのもさることながら、持ち運ぶ時にこぼれ易いという難点があります。で、錦の物は後でも使えますが、伏見の物を使うことは、まずありません(笑)。90mlくらいのプラスティックカップで、50mlくらい入っているのがBESTです。

まず、前売券1800円で1000円分しか飲めない!という割高感が最大の問題点。交通整理要員等の費用が必要なのは分かりますが、やはり安くしてほしいと思います。おちょこ問題は先に述べた通り。また、立ち飲み以外に休めるできるスペースや無料提供の和らぎ水もほしいと思います。関係者の皆様、ご検討下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント