嵐山高雄パークウェイでの夕景:2015年12月1日。

“かやぶきの里 美山”で、年に2回実施される防災用放水銃の一斉放水を見学するツアーに参加したのですが、帰り道は周山街道を南下して、(栂尾山)高山寺・(槙尾山)西明寺・(高雄山)神護寺への入り口を横目に見ながら、高雄口ゲートから嵐山高雄パークウェイへ。まずは、その途中で下車した小倉山展望台からの夕景。
画像


で、本来、嵐山高雄パークウェイでは紅葉を車窓から眺めるだけの予定だったのですが、紅葉が思わしくないので、急遽、保津峡展望台で下車。先日、保津川下りで通過したばかりの保津峡を見下ろすことのできるSPOTです。
画像
上の画像右の水面の光っている谷が上流で、トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)の線路とトロッコ保津峡駅が見えます。こんな感じです。
画像
さらに、トロッコ保津峡駅(画面左)を大写しすれば、こんな画像になります。夕日に照らされた水面に吊り橋が写っています。
画像
一方、大きくうねった保津峡の左側には明治時代に架けられた鉄橋(現在の橋は2代目ですが)
画像
上の画像に鉄橋は写っているのですが、分かり難いので大写し。
画像
10数分待てば、トロッコ列車が通過するという説明版もあったのですが、時間の関係もあり断念。その後、少し進んで小倉山展望台でトイレ休憩。ここからは京都市内が眺められるのですが、振り返ると山際がとても美しい朱色に染まっていました。
画像
そして時間的には少し後なのですが、最初の画像に続く訳です。次は高圧線の鉄塔付近の大写し。
画像
杉の木を抜ける朱色がGOOD!…で、こちらは京都市内を展望した画像。左の池は大沢の池、続く先の低い木立は双ヶ岡(ならびがおか)でしょうか。
画像
上の画像では切れているのですが、右側に目を移すと、京都タワーも見えます。
画像
同じく、左にも切れているのですが比叡山が。
画像
上の2枚を収めると、こんな画像に。日が落ちたので手前の山が暗くなって、紅葉が判別できなくなっていますが。
画像
嵐山高雄パークウェイの紅葉の様子と“かやぶきの里 美山”防災用放水銃の一斉放水については、なるべく早いうちにUPすべく努力します(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント