花園教会水族館見学記Part①:2016年3月2日。

先日、関西ローカルのTV番組を視ていたら、教会の牧師さんが開いている珍しい水族館を紹介していたので、JR花園駅の少し南までチャリチャリして、日本ナザレン花園キリスト教会(以下、花園教会)に到着。まずは、水槽の前で微笑む篠澤俊一郎牧師です。
画像


次の画像右が花園教会、左が水族館なのですが、実は篠澤牧師のご自宅(地図には聖パウロ館の名が)の1階が水族館なのです。ちなみに水族館の奥のお家は、天理教本城秦分教会でした(笑)。
画像
行者橋、予約をした16時の少し早く到着したので「CLOSE」の札の前で待っていたら、程なく篠澤牧師と息子さんがご帰宅。また、直後に奥様の篠澤美香牧師とお嬢さんがお帰りになりました。玄関前にはこんな看板が。
画像
篠澤牧師のご都合で閉館の時もあるので、基本的には要予約というSYSTEMです。160種類程の淡水魚(一部、マングローブ等の汽水域=塩水が混じる場所に住む魚も)「観覧無料」「質問OK」が嬉しい!…で、魚です。
画像
上の画像は、花園教会水族館のイメージキャラクターにもなっている“オキシドラス”。画像に行者橋の姿が写り込んでいますが、それに気づいた篠澤牧師は窓のシャッターを閉めて下さいました。で、こんな感じに。
画像
この“オキシドラス”は“ダイソン”の異名があるとのこと。ナマズ(鯰)の仲間ですが、魚体の横の鋸のようなトゲトゲは年齢とともに増えるそうです。全体像の良い画像が撮れないくらい大きい魚ですが、臆病なのだとか。
画像
上の画像もシャッターを閉める前の画像ですが、魚名は不明です(忘れた!)。どことなくウツボのような顔立ちです。次は“バイオレットスネークヘッド”(のはず)*注:コメントにあるように、篠澤牧師のご教示により、上の魚が“バイオレットスネークヘッド”で、次が“ブルーム―ンギャラクシースネークヘッド”でした(以下、注は同じ)。
画像
この花園教会水族館の水槽には、多くの種類の魚が一緒に飼育されておりそれぞれの魚名のラベルが貼ってありますが、あちこちから貰われてくるので、名札の無い魚も。
画像
確か、次の画像の魚も「これは珍しい種類なんですよ」と紹介されたはずなんですが…、魚名不明(笑)*注こちらは”ドクターフィッシュ(デカい版)”と判明。
画像
次はフグの仲間。篠澤牧師は「“毛フグ”ですね」と仰ってましたが、言われなければオコゼの類かと勘違いしそうな風貌です。しかし、どこか愛嬌が…。
画像
さて、こちらは“アルベルト2世”という名札のついた“ベルツノガエル”(正式にはクランウェル×カーティンガツノガエル)。瞼(まぶた)の上の突起が可愛い!1日中、不動の蛙だそうです。
画像
続いても蛙。こちらは”バジェッドカエル”(マルメタピオカガエル)ですが、目が背中側についています。良く見ると、背中一杯にオレンジ色の斑点が。
画像
こちらは、最初の画像に写っている玄関前の水槽で泳ぐ名称不明の綺麗な魚。確か、「こんなに大きくなるのは珍しいんですよ」と説明された気が…。*注これは“パロットファイヤー”でした。で、「こんなに…」は上の”ドクターフィッシュ(デカい版)”の時だった記憶が…(笑)。
画像
Part①最後も魚名不明。“パラテラプス・ブレイドリ”でしたっけ。いや、違うなぁ。篠澤牧師様、申し訳ない。*注これは“ヴィエジャ・ アルゲンティア”でした。
画像
篠澤牧師は、ご自身が小さな頃に当り前だった魚と出会う機会が今の子供たちには無いことを感じて、この水族館を始められたとのことですが、入場料も「そうすると、小さな子供たちが来られなくなるので」という理由で無料にしているそうです。続きは明日のPart②で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

篠澤
2016年03月07日 18:26
記事ありがとうございます!魚の名前はバイオレットスネークヘッドの以降の写真の魚は
●ブルーム―ンギャラクシースネークヘッド
ミャンマーの清流にいると言われる希少なスネークヘッドです。
●ドクターフィッシュ(デカい版)
●パロットファイヤー(赤い魚)
おちょこ口の魚
●ヴィエジャ・ アルゲンティア
メキシコを原産とするシクラソマの一種。シクラソマの女王とも称されるほど 、成長後の体色 は美しく 、 紫がかった銀白色に輝く。
本種は飼いこむ程、 色彩の美しさも増し、 体高 も高くなる 。シクラソマの仲間は気性が荒い。

是非またお越しください♪
行者橋 渡
2016年03月07日 18:40
ひゃぁ!篠澤牧師様、Part②までUPした後、メールを差し上げようかと思っていましたが、早速、ブログを見つけていただき、ご教示下さいまして本当に有難うございます。そうでした、9枚目は“ドクターフィッシュ(デカい版)”でしたね。えぇと、確認ですが、“オキシドラス”の次の黄色いまだら模様の魚が“バイオレットスネークヘッド”で、尾鰭の嫌いな色の魚が“ブルーム―ンギャラクシースネークヘッド”なのでしょうか。明日もUPしますので、是非とも魚名をご教示下さい。
篠澤
2016年03月08日 07:44
そうです。その通りです!
行者橋 渡
2016年03月08日 07:50
篠澤牧師様、有難うございます。Part②は、本日10時にUPしますが、いくつか不明の魚&海老がいますので、どうか、またご教示下さい。お手数をおかけします。
ぺこたん
2016年03月09日 17:13
おおおおお! ブログ初登場(?)のカエルのお写真! カエルが好き過ぎる者としては、嬉しい限りであります。アルベルトII世さま&バジェット殿の真ん前からの御顔・表情は、どんな感じでしたか? いつか会ってみたいです~(^-^)
行者橋 渡
2016年03月09日 19:54
おぉ!ぺこたん様、コメント有難うございます。蛙好きでいらっしゃいましたか。別便で“アルベルトII世さま”の画像をお送りしますので、お楽しみ下さい。