映画『モヒカン故郷に帰る』の海と島々は、とても懐かしい光景でした。

東京と違って、京都では試写会がほとんど無いので、ご紹介する映画が公開後のことになってしまうのですが、今回、ご紹介する作品は『モヒカン故郷に帰る』です。
画像
*画像は(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

STORYは、モヒカン頭の売れないバンドマン田村永吉(松田龍平)は、恋人の会沢由佳(前田敦子)の妊娠を機に、7年振りに東京から瀬戸内海の戸鼻島(とびじま)に向かうことに。帰ってみると、同じく故郷を出て仕事をしているはずの弟・浩二(千葉雄大)が何故か居間に…。が、父親・治(柄本明)と永吉は会うなり激しい喧嘩に。
画像
*画像は(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

が、永吉が由佳と結婚することを報告すると、治は知り合いに電話を掛けまくり、島中の仲間と大宴会。しかし、宴会後、治が倒れていて、病院に運ぶと癌であることが判明。永吉・浩二と筋金入りのカープファンの母・春子(もたいまさこ)、それに由佳を交えて看病にあたる日々が…、という展開です。

舞台は架空の島なのですが、地名や光景等から、下蒲刈島(しもかまがりじま)・上蒲刈島・豊島・大崎下島あたりと分かります。この4島は“安芸灘とびしま海道”で結ばれていますので、戸鼻島という設定になったのでしょう。どこを見ても島が見える海、行き交うフェリーや漁船、島の斜面に広がる段々の蜜柑畑等…、懐かしい!
画像
*画像は(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

当初、息子と父は言葉を交わすと小競り合いが始まるという殺風景なものだったのですが、徐々に息子は父のために何かできないかと奮闘していきます。一方、由佳と義母・春子は会っってからすぐに打ち解けて喋りまくります。このあたりの空気は行事橋も納得の雰囲気・展開で、沖田修一監督の観察眼・技量を感じました。
画像
*画像は(C)2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

息子を“永吉”と名付け、「矢沢は広島県民の義務教育です」と豪語するほど熱烈な矢沢永吉ファンの治は、コーチをしている中学校の吹奏楽部員(ただし10人)を学校の屋上に呼び出して、入院中の(隣り合う)病院の屋上から“アイ・ラヴ・ユー、OK(I LOVE YOU、OK)”を練習させたりします。この我儘な父を柄本明が実に痛快に好演。

松田龍平は実際にモヒカン頭にしたそうで、不器用ながらも父想いの長男役を好演。また、次男・浩二役の千葉雄大という役者さんには、このところ色々な映画でお会いするのですが、微妙な頬の膨らみ具合(笑)の甘いマスクなので女性ファンが多いのでしょうね。もたいまさこは、もはや言うこと無い渋味のある面白さ(笑)です。

行者橋としては「広島県民の義務教育は吉田拓郎です!」と異議を申し立てたい気分は残りますが(笑)、それはそれとして、この『モヒカン故郷に帰る』は、しっかり笑えてチョッとホロッとする、気分の良くなる映画でした。

*蛇足:前回ご紹介した『ちはやふる 上の句』の続き、『ちはやふる 下の句』も面白い映画でした。が、主人公・綾瀬千早(広瀬すず)の競技かるた大会で団体戦優勝を目指す動きと個人戦優勝を狙う2つの動きに加え、2人の幼馴染の男子との関係の危機が詰め込まれ、若干、舌足らずな印象。
画像
*画像は(C)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社

原作では長い展開なのを2部作にした結果かなと推測するのですが、3部作でも良かったかも。“最強のクイーン”若宮詩暢(しのぶ)役の松岡茉優(まゆ)が,申し訳ないけど高校生に見えなかった(笑)のも、チョッと残念。ライバル校のドS・須藤暁人(清水尋也)が案外に“良いヤツ”で、かるた愛が伝わってきたのはご愛敬(笑)。

◆『モヒカン故郷に帰る』(2016年・日本映画・125分・監督:沖田修一・配給: 東京テアトル・2016.04.09公開)
◆『ちはやふる 下の句』(2016年・日本映画・103分・監督:小泉徳宏・配給: 東宝・2016.04.29公開)
〔最近観た映画から-№42〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント