Jakchu bus(若冲バス)に遭遇!

今年、2016年は伊藤若冲の生誕300年ということで、京都では相国寺承天閣(じょうてんかく)美術館や細見美術館で特別展示が開かれていますが、先日、三条京阪駅の近くで“Jakchuū bus”を発見しました。
画像


これは、静岡県立美術館所蔵の「樹花鳥獣図屏風」がベースになったデザインですね。こちらが、「樹花鳥獣図屏風」の右隻です。
画像
*画像はグーグル公式ブログより転載させていただいています。
そして、こちらが左隻。
画像
*画像はグーグル公式ブログより転載させていただいています。
この「樹花鳥獣図屏風」は、西陣織の下絵から着想を得たとされる“枡目描”(約1cmの方眼の中に点描のような形で描かれている)と呼ばれる特殊な技法で描かれた、若冲の作品の1つとして知られています。で、次はバス全体の画像。
画像
37号系統でしたので、三条京阪前から河原町三条・出雲路橋・北大路バスターミナルを経て西賀茂車庫前まで行くバスですね。反対側には左隻が基になったデザインのはずですが、撮れませんでした。ということで、もう1度、同じドア側からの画像です。
画像
系統番号の入った正面からの画像と反対側の画像をいつかGETしたいと思っています。

で、今回は自前の画像が少ないので(笑)、相国寺承天閣美術館のポスターを。レプリカですが、「動植綵絵:どうしょくさいえ」30幅が展示されています。
画像
*画像はCopyright (C) Shokoku-ji religious corporation, All rights reserved.
続いては、細見美術館のポスターです。
画像
*画像はCopyright(C)2007-2016 HOSOMI MUSEUM. All rights reserved.

行者橋、ことさらに伊藤若冲のファンという訳では無いのですが、9月10日に深草7の石峰寺(せきほうじ)で開催される若冲忌に行ってみようかなと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント