「すいば蛸薬師室町店」はお洒落な立ち飲み屋さんです。

行者橋、京都市内をチャリチャリとしていると、時々、「すいば」という看板のあるお店に出くわし、「酔場」なのかなぁと思っていたのですが、全く違っていました(笑)。京都育ちではないので知らなかったのですが、“粋場=自分の好きな場所、居所”という京都の古い言葉があるそうです。
画像


最初の画像は、「表面張力って知ってるよねぇ」と“研修中”のお姉さんにといつものように(笑)“プレッシャーをかけて、お酒を注いでいただいている場面です。こちらが、「すいば蛸薬師室町店」の外観。
画像
実は「すいば」は京都市内に3店あり、その内の2店が南北に1筋違う六角通と蛸薬師通にあるので、二条の映画館への往復で違うお店を見かけては混乱していたのです(笑)。ま、それはともかく、次は「すいば蛸薬師室町店」の店内。
画像
蛸薬師室町のお店は3号店なのですが、上の画像は入ったところのカウンターで、奥のガラスの外が蛸薬師通りです。こちらはカウンターと厨房。
画像
カウンターの上には、飲み物・食べ物のメニューがズラリと…。そして、そのまま左に目を移すと、壁に向かってカウンターが。
画像
この「すいば」は、各店とも全面禁煙なので、行者橋のように煙草を吸わないものにとってはとても有難いお店ですし、お料理が基本的に1人前ずつですので、好都合のお店なのです。こちらはオリーブの盛り合わせ。
画像
1人前ずつだと安価だし、2人で行くと結構な種類のつまみが楽しめますし…。こちらは蛸とジャガイモのアヒージョ風(正確なメニュー名は失念)。蛸もジャガイモも大好きな行者橋好みの1品です。
画像
そして、お造り4種盛り。千葉の「不動」にピッタリ!いや、お刺身と日本酒さえあれば、行者橋は幸せです(笑)。
画像
ということで、いつも女性客の多い「すいば蛸薬師室町店」は素敵なお店です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

miyasan
2016年08月05日 16:19
ありゃぁ~・・・早速日本酒ですか・・・。
そうだった! お酒ブログでしたね(笑)
しかも!? 我定宿の近くですね。
考えて見れば何度も通っています。
室町付近は小さなお店が多く、隠れ家的な場所が有りそうです。

お刺身ですか!! 
ではっマグロのブロックも持って行きますね!!
Kako_Blue47
2016年08月06日 08:40
先日六角通店に行ってきました。巽の近くですね。私たちもたばこが苦手なので、禁煙が非常にありがたいです。ほんと、いい感じでおつまみがシェアできるしお酒は安いし、うちの近くにあったらいいのに・・・。すいば、私は「かたばみ」の事かと勝手に思ってました。謎が解けました。
行者橋 渡
2016年08月07日 09:14
miyasan様、そりゃぁ、お酒と行者橋は黄っても切れない仲(笑)ですので。確かに、室町や新町の道筋に限らず、路地のアチコチに新しいお店がどんどん増えています。お刺身等、生ものは大変ですので、どうぞご心配なく(笑)。
行者橋 渡
2016年08月07日 09:23
Kako_Blue47様、カタバミですか…。渋い!…行者橋はイタドリをすいばと呼んでいました。噛むと実際に酸っぱいのです。なお、松山猛さんが『京の「酔場」歩き』というチョッと面白い京都案内本を出していらっしゃいます。古い本ですので、図書館にしか無いかもしれませんが。ちなみに松山さんは“帰って来たヨッパライ”をフォーククルセダースと共に作曲した人ですので、昔からお名前は存じており、この本も以前に読んでいたのですが、すっかり「すいば」という言葉の意味を忘れておりました。パッと「酔場」が頭に浮かんだものですから(笑)。