「おうちごはん中島家」のBBG@近江舞子 中浜水泳場:2016年9月25日。

毎年、「おうちごはん中島家」(以下、「中島家」)のお客さん等を中心に開催されているBBQ大会!…今年は近江舞子(おうみまいこ)です。東京の方には分かり難いでしょうが、琵琶湖の西岸で京都はじめ関西の皆様にはお馴染みの場所のようです。で、まずはこちらの画像(次の画像左から、ビーフ・ラム・チキン)から。
画像


京都市営地下鉄東山駅から出発して、山科駅でJR湖西線に乗り換え。この路線に乗るのはめったに無いので、普通電車でゆっくりと車窓風景を楽しみながら近江舞子駅に到着。駅から徒歩5分で、中浜水泳場へ。
画像
上の画像右は駐車場ですが、その奥の松が見えている所にBBQ会場の砂浜が。白砂青松という言葉通りの光景です。行者橋、ついうっかり、“海水浴場”と思ってしまうのですが、湖ですので淡水ですね(笑)。
画像
雨続きだった京都ですが、25日はとても良い、暑いくらいのお天気。行者橋、チョッと遅れて到着したのですが、もう美味しそうなお肉が焼かれていました。
画像
上の画像、右の2人が「中島家」のスタッフで、チャゲさん(右)とリョーさん(中)。左は、去年も美味しいソーセージを堪能させて下さった河原町通丸太町上ルの「炭火焼ソーセージ酒場Salumeria」(以下、「サルメリア」)のオーナー・久保田さん(こちらをご参照下さい)。
画像
そして、上の画像はお味噌汁担当の「中島家」の店長・健介さん。お味噌汁担当!参加者は20人強ですが、ここでは1人200円の場所代(使用料)を支払うシステムになっているようです。
画像
BEERは、「サルメリア」の店長・曽田さんがサーブして下さいました。行者橋、到着直後、紙コップで4杯ほど立て続けに飲んだのですが、間尺に合わなかったので少し大きめのプラスティックのカップに換えてもらって、また1杯(笑)。
画像
続いては「中島家」でアルバイトをしていらっしゃるAI(左)さんとARISA(右)さん。会計&様々な手配担当です。お仕事の合間にしっかり、DRINK&EATです(笑)。
画像
ビーフの後はチキン&ラム。こちらは骨付きラム。軽く岩塩を振っていただきます。うーん!美味い!
画像
「サルメリア」の久保田さんに伺うと、大きな塊肉を焼く時には、「焼いて少し冷まして熱を中に行き渡らせ、少し後にまた焼いて…」という手順を繰り返すと美味しくなるそうです。で、ミズダコ(水蛸)のでっかい足も焼きます。
画像
“青い血族”好きの行者橋もしっかりいただきましたが、吸盤のブチブチ感が堪りません!こちらは「中島家」のチャゲさんが、アナゴ(穴子)に細かな刻みを入れている場面。
画像
ハモ(鱧)と違って、穴子は骨切りをする必要は無いのですが、焼いた時の見た目の美しさを重視です。で、炙った後に出されたのがこちら。緑色は山葵(わさび)ですが、実に美味!でした。
画像
その他、トマトの薄切りもドサッと出されたりして、BEER・缶酎ハイが次々と無くなります。少し遠いということもあってか、今回は人数が若干少なかった印象でしたが、後から来る方もあり、宴たけなわ状態に。
画像
こうなると、お決まりの“湖にDIVE”の時間です。まずは、「サルメリア」の店長さんと「中島家」の自称:バイトリーダー君(白い若者)がDIVE。そして、健介さんを担ぎ上げ、湖に放り投げる準備へ。
画像
健介さんは、「この時ある」を予想してか、チャンと海パンを用意(笑)。ていうか、やる気満々です(笑)最後の画像は、愛すべきおバカな(笑)3人!です。
画像
行者橋は、この後、少し早めに失礼したのですが、この日は余り寒くなかったので、まぁ大丈夫だったでしょう。ちなみに、この日の会費は5000円。しっかり元は取って帰りました(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント